読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

DAIGOがノリノリで歌うロック調『天使のはね』。ランドセルのCMが夏に増えるワケ

2018.07.13

最近、ランドセルのテレビCMをよく観かけるのだが、何かヘンじゃないだろうか。ランドセルが必要になるのは、子どもが小学校に上がる時、つまり4月だ。ということは、その1、2か月前に購入するとしても2月か3月あたりにCMを多く流すほうが、普通に考えて効果的だと思うのだ。

そこで今回は、ランドセルのCMの謎に迫る! 取材に答えてくれたのは、「♪てんてんてん てんしのはーねー」のCMでおなじみ、ランドセルの株式会社セイバン・経営企画室の牛島邦貴さん。

--最近、ランドセルのCMが多いですよね。

「はい。弊社も7月に入ってからスポット広告を打ち始め、宣伝に力を入れています」

--どうしてこの時期なんですか?

「早いと思われますよね(笑)。ただ、ランドセルの購入時期は、年々早まる傾向にありまして、昨年のデータですと、約45%のお客様が7月と8月に購入されているんです。ですから弊社のCMは一年中放送していますが、ピークはこの時期になります」

--皆さん、何でそんなに早く買うんですか?

「特に人気商品の場合ですが、ご入学間近にご注文されても素材の調達などが間に合わず、メーカーによってはお断することがあるんです。今はそういった情報がネットなどに出回りますから、お客様もよくご存知なんですね。ですから最近は、ゴールデンウィークぐらいから商品の検討に入り、店舗などで実際に確認、そして夏休みに入った7月か8月に決定する、というお客様が増えています」

--品切れにならないよう、素材を大量に確保しておくことはできないんですか?

「弊社も努力はしているんですが、やはり同時期に注文が殺到してしまうと、なかなか対応するのは難しいです(苦笑)。ただ、先ほども申し上げましたが、これは人気商品のお話で、当然ですが、入学以前の3月に店頭に並んでいるものもあるんですよ。52%は8月以降にお買い求めになるわけですから、『早くしないとランドセルが買えない』というお話では決してありません」

--それほど真剣にランドセルを購入する方が増えているんですね。

「ランドセルと言えば、以前は黒か赤が一般的でしたが、2001年頃から多色展開がはじまりまして、一気にカラーバリエーションが増えました。それ以降、ランドセルもデザイン性が重要視されるようになり、今や“かっこいいもの”“かわいいもの”でないと、お子さまに『欲しい』と言っていただけないんです。そこで各社、ランドセルのデザインに力を入れるようになったのが、ここ数年の傾向です。お母さまは品質を重視していただけるんですけどね(苦笑)」

--なるほど。その結果、①人気商品が生まれ、②買えない人が現れるようになり、③そういう情報がネットなどで出回り、④購入時期が年々早まる、という事態になっているわけですね。

「はい、そういうことです」

--セイバンさんからも『プーマ』や『コンバース』の天使のはねランドセルなど、デザイン性の高いものが発売されてますね。

「そうですね。テレビCMで展開中の今年の新作ですと、男の子向けの『モデルロイヤル ドラグーン』と、女の子向けの『モデルロイヤル クリスタル』がございまして、前者にはドラゴンをモチーフにしたエンブレムやソードを刻印、後者にはスワロフスキー®・クリスタルを使って輝かせた鏡の立体刺しゅうなどがほどこされています」
 (1209)

ドラゴンをモチーフにしたエンブレムやソードが刻印された『モデルロイヤル ドラグーン』
--ミュージシャンのDAIGOさんが出演されているCMもありますね。おなじみの『♪てんてんてん てんしのはーねー』をロックっぽく歌われてます(笑)。

「そうですね。おかげさまで各方面で『おもしろい』とご好評いただいております(笑)。でも、じつはあれ、弊社としては大冒険だったんですよ。普通に歌っていただいたバージョンも収録して何種類かを会議にかけたんですが、『ご覧になる方によっては受け入れられないんじゃないか』という反対の意見もありまして」

--そうだったんですか。

「ただ、ロックバージョンをかけた時、やはり会議室から笑いが漏れるほど魅力的でしたし、DAIGOさんもとてもノリノリでやっていただきまして、何パターンも練習して、撮影に臨んでくださったんです」

--へぇ! 改めて聴き直したくなりました(笑)。

「じつは『ドラグーン』と『クリスタル』のCMで使用しているBGMも『天使のはね』なんですよ。気づいていらっしゃる方が意外と少ないようなんですが。そんなところにも注目していただくと、うれしいですね」

【文:井出 尚志】

【セイバン公式】モデルロイヤル ドラグーン「騎士変身」篇 15秒
この記事を共有する