読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

まんじゅうの天ぷらにしょう油をつけて食べる福島県民に聞きたい。それ、おいしいの?

2018.05.11

5月10日放送の「秘密のケンミンSHOW」では「全国秘密の天ぷら祭り」と題して、沖縄のもずく天ぷら、鹿児島の棒状のさつまいもを揚げたガネなど各県民独自の天ぷらを取り上げた。中でもびっくりしたのが、福島県民が愛するという「まんじゅうの天ぷら」だ。何か別の食材を「まんじゅう」と呼んでいるわけではなく、正真正銘あんこの入った甘いまんじゅうを天ぷらにして食べるのだそうだ。ちょっと他県民的にはありえない。

見た目は茶色く丸くやや平たいので椎茸の天ぷらに見えなくもない。これが普通の野菜の天ぷら盛りの中に一緒に出てくるから、余計にまんじゅうとは思えない。だが中を開けると茶色い皮に包まれたつぶあんが登場。うぐっ!これをおやつならともかく、ごはんと一緒に食べるの?見ているとちょっと引くのだが、福島県民はごはんと一緒においしそうに頬張るのだ。

しかも!福島県民ときたらまんじゅうの天ぷらにしょう油をつけてまたもりもり食べてうれしそうにするのだ。あいつら大丈夫か?中年男子はビールまでかっ食らう。あるいは日本酒のアテに食べる。どうかしちゃってるぜ。なんでも、しょう油をつけると甘じょっぱくなって、まんじゅうの甘みがかえって引き立つのだそうだ。そう言われると少しおいしそうな気もしてくるが、やっぱり映像で見ると腰が引けてしまう。

さらにラーメン屋さんで餃子セットならぬまんじゅうセットとして出てきて、年配福島県民がラーメンのスープの中に入れてまんじゅうを食べるのを見ると、もうついていけない。福島県民とはきっと理解しあえないと感じてしまう。

だが考えてみれば、あんドーナツという食べ物もある。あんこを包み込んで揚げるおいしいものは他にもあるのだ。東京の目黒には「揚げまんじゅう」という銘菓まであって、これはかなりおいしい和菓子だ。まんじゅうを揚げておいしいのなら、衣をつけて揚げるのもおいしいのかもしれない。

番組では、スタジオで一斉に試食。私に劣らず腰が引けていたゲストたちが、口に入れると一様においしいおいしいと言い出すではないか。「酒飲みたい!」「想像力不足だった!」と騒ぎだし、大反省会となってしまった。つまりそれほどおいしいのだろう。そうなのか!見ているとぜひ食べてみたくなったから現金なものだ。ではまず、まんじゅうを買いにいってみようかな!

【文:境 治】
リンク
この記事を共有する