読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

「幸(福原遥)ちゃん、ラストで連れ去られちゃった!?」大凶日を前に不運連発『アンラッキーガール!』第9話

2021.12.06

「幸(福原遥)ちゃん、ラストで連れ去られちゃった!?」大凶日を前に不運連発『アンラッキーガール!』第9話
©ytv
福原遥が主演を務める連続ドラマ『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第9話が12月2日に放送された。幸(福原遥)、香(若月佑美)、樹(高梨臨)の世界一不運な3人が、12月8日にやってくる大凶日を前に何としてもラッキーガールになろうと奮闘するコメディ。今回、不運が重なり、ひとつになりかけていた3人がすれ違いまくった。Twitterでは、「さすがの大凶日パワー」「幸ちゃんと樹さんの関係が複雑になったのはショック」「え!ラストで幸ちゃんが連れ去られちゃったんだけど!?」などの声が寄せられた。

大凶日まで、あと1週間。幸の身の回りには、これまで以上に不運が起こるようになっていた。一方、樹も就職活動が上手くいかず、香も仕事関係の人々に悪い噂を流されて肩身の狭い思いをしてしまう。指宿(生瀬勝久)は、そんな幸たちに「まだ序の口だ」と不吉な言葉を告げるのだった。

幸は、父・重流(丸山智己)から母・涼子(中島ひろ子)が倒れたという連絡を受ける。涼子は、幸に負けないほど不運な人生を送ってきた女性だった。幸が実家に駆けつけ、家族は久しぶりに顔を合わせることに。そんな中、幸は重流と樹が以前からの知り合いで今も連絡を取り合う仲だと知り、ショックを受ける。真相を樹に聞けず、あれこれ勘ぐるうちに、幸と樹との関係はぎくしゃくしてしまった。さらに大凶日の前日、数奇な運命がアンラッキーガール3人を引き離して……。

Twitterでは、「さすがの大凶日パワー」「前日でこれって、当日、本当にヤバそう」「幸ちゃんと樹さんの関係が複雑になったのはショック」「香ちゃん、松葉杖で階段は無理だよ」「自分もケガをしているのに香を気遣う卓海(板垣瑞生)くん、優しすぎて好き」「会いたいのに会えなさすぎる3人、逆にすごい」「盛大に人違いしてるしw」「幸ちゃん達がアンラッキー過ぎて…」「幸のお母さんに感動した」「幸ちゃんの明るさは、お母さん譲りだね」「え!ラストで幸ちゃんが連れ去られちゃったんだけど!?」「大凶日になった瞬間、この展開とは」「幸、無事でいてくれー!」というコメントが多数上がった。

大凶日は、幸が姿を消してしまうという波乱の幕開けに。幸の運命は? そして3人は世界一不運な1日を乗り超えることができるのか!?

【文:齋藤めぐみ】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ