読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

NMB48渋谷凪咲がお色気作戦!?街でいらないモノをもらってメルカリで売る番組「金のうぶ声」

2019.08.09

突然ですが…みなさん、『メルカリ』、やってまっか?
いまや国民的フリマアプリとなった『メルカリ』。読者の皆さんの中にも、活用している方は多いのではないだろうか。もちろん「やりたいけど、やり方がわからない…」と躊躇している方もいるだろう。
『メルカリ』のおもしろい面のひとつに、【何が売れるかわからない】ということがある。
例えば、タダで配られた新元号『令和』発表の際の号外が3000円で売れたり、ただのトイレットペーパーの芯100個が1000円で取引されたり…コレがこんな高値で売れるの!?ということが結構あるそうなのである。
『世の中のいらないモノがどれくらいのお金になるのか…?』をもっと深く検証すべく、去る8月5日に放送された『メルカリバトルバラエティ 金のうぶ声』では、三者三様のキャラを持つ有名人チームが街行く人からいらないモノをおねだり!いただいた品物をメルカリで出品し、その売り上げ額を競った。以下では、いらないモノをゲットするためロケに出たみなさんの奮闘ぶりをご紹介しよう。ちなみにこの番組は読売テレビの公式無料動画サイト『ytv Mydo!』にて見逃し配信を行っているので、気になった方はぜひチェックしていただきたい。
©ytv

『金のうぶ声』の収録は、六本木ヒルズにある株式会社メルカリ本社で行われた。麒麟の川島明がMCを務め、ご意見番としてプライベートでメルカリを使いこなしているという、俳優の篠井英介も登場。
番組のルールはシンプル。街の人からいらないモノをもらい、自分たちで価格を設定してメルカリに出品し、その売り上げ額を競う。ただし、いらないモノをもらう時には何かひとつ願い事を聞かなければならない。ロケの制限時間は6時間、販売期間は2週間となっている。最も売り上げが高かったチームが売り上げ金を総取りし、自分たちの好きなモノを買う事ができる。
©ytv

セレブの街・芦屋で高級な品物を狙うカミナリ
売り上げバトルに参加したのは芸人チームのカミナリ、アイドルチームの菊地亜美、NMB48の渋谷凪咲、天然おバカチームのボビー・オロゴン、丸山桂里奈という曲者揃いの3チーム。カミナリの石田たくみ、竹内まなぶはお金持ちが多い兵庫県の芦屋で、マダムたちから高級品を頂く作戦。菊地と渋谷はとにかく数を稼ぐべく、日本一長い商店街・天神橋筋商店街へ。ボビーと丸山は骨とう品での一攫千金を狙い奈良の天川村を訪れる。

アイドルチームは商店街ですぐに男性に声をかけ、仕事で使う真鍮のナットをもらう事に成功する。男性はその代わりとして握手をお願い。渋谷は手が汚れている男性と嫌がらずに握手するが、握手の後に秒速で両手を拭う仕草。アイドルらしくない行動にスタジオからは総ツッコミが入る。

天然おバカチームは村人がいないため、近くにある家を直接訪ねる。丸山は「テレビの協力っていうのはどうですか?」と趣旨が全く伝わらない説明をする。やさしい女性は2人を家に上げてくれるが、ボビーは「まずお茶とお菓子を」と失礼な態度を取る。スタジオの川島は「ヤバイ2人ですよ」とハチャメチャなロケになる事を不安視するが…
©ytv

アポなしで現地の家に押し掛けるボビーと丸山
続いて、アイドルチームはカラオケ喫茶へ。声かけロケは初挑戦という渋谷は撮影許可をもらうために店員と交渉。外で待つ菊地は「あの子、意外とザクザク行きますね」と積極的な渋谷に驚く。交渉を終えた渋谷は「お色気作戦でOKでました」と菊地に報告する。アイドルコンビが歌う生カラオケに店内は大興奮。まんまと品物を手に入れることに成功する。
©ytv

渋谷凪咲の『お色気作戦』とは!?
芸人チームは少し前に芦屋駅で会ったマダムの豪邸を訪問。業務用の美容スチーマー、一流ブランドのサングラス、ハンドバッグなどを次々にゲットする。小さい息子は将来YouTuberになりたいらしく、まなぶがお礼として一発芸を伝授する事に。だが、一発芸の微妙なクオリティに息子は困惑。スタジオの川島は「(もらった品を)全部返して下さい」とイジる。

3チームともラストスパートをかけ、お宝商品を次々にゲットしていく。芸人チームは芦屋ならではのトンデモないモノを回収!?アイドルチームはNMB48劇場を訪れて奥の手を使う!天然おバカチームは村でカフェを経営する女性に自宅の蔵に案内してもらい、当初の目論見通り、蔵の奥に眠っていたお宝を手に入れる事に成功する!
©ytv

おバカチームが村の蔵で奇跡を起こす!?
各チームは商品集めに大健闘したが、販売する価格の設定も勝負の分かれ目。芸人チームは高いモノを相場より安めに設定して販売。篠井は「マスターからすると、なかなかイイ値段をつけていると思いますよ」と評価しつつ、商品がより売れるようになるマル秘テクニックを大公開する。衣類が多いアイドルチームはメルカリの相場検索機能(※なんと、メルカリには出品しようとしている服の大体の相場を提示してくれる便利機能がある)を利用して値段を決める。天然おバカチームは骨とう品が多いため、値段がわからずにやや高めに設定。1つでも売れれば大きく売り上げを伸ばす事ができるが… 果たして、売り上げレースに勝ち、自分たちのほしいモノを買ったのはどのチームなのか!?

最後に、白熱のメルカリ合戦を終えた、出演者の方々にお話を伺おう。
©ytv

◎収録を終えていかがですか?
篠井「楽しかったですね。僕は本当にメルカリが好きなので、人の出品したモノでもワクワクして面白かったです」
川島「すごくドラマチックな展開で楽しかったですね。メルカリは奥さんがメッチャやっているんですよ。それで子供服やオモチャを手に入れたりしていて…。僕はあまりやった事がないんですけど、やった事がない人にも見て欲しい感じでした。こういう金額設定、こういう文をつければ良いんだっていうのがすごくわかりやすかったですね。メルカリの事を笑いながら学べました」

◎白熱した3チームのロケVTRはいかがでしたか?
篠井「いろいろ個性もあっておもしろかったですね」
川島「(お金持ちの多い)芦屋ってすごいんだなと思いました(笑)。マダムたちが『あれ、どうぞ持って行って』って言うんですよ。大した仕事(願い事)も要求せずに。各チームにキャラクターが出ておもしろかったですね。今回は関西でしたけど、もっと場所を変えて、東京、北海道、九州とか行ってもおもしろいと思います。地域性が出るんですよ。第2弾、第3弾もやりたいですね」

◎価値があるモノが安く売られているケースもありますね?
篠井「多いと思います。出している人たちは素人ですから。大穴みたいに途方もなく安く出ている時もあるのがメルカリのおもしろい所。プロフェッショナルな人たちじゃないので…。基本、みんな素人さんだから」
©ytv

◎番組の見どころは?
篠井「誰でもできる、誰でも楽しいメルカリって感じ。僕はさっきも番組内で言ったんですけど、若い方しかできないんじゃないかと思っている人も多いと思うんですよ。スマホさえ持っていれば、おいくつの方でもできますので…。僕なんかの年齢になると身辺整理にもってこいって感じなんですよ。もちろん番組の方もおもしろいですよ。見始めたら結果が気になって最後まで止まらないと思います」
川島「メルカリ興味あるけど、どうやるんだろうって人に一番見て欲しいですし、やっているんだけど、『あれ、うまい事を商品売れないな』って人も見た方がイイと思います。ホンマに正しいチームと反面教師のチームがあったので…(笑)。良いポイントはマネして、こんなんやったらアカンねやっていうのもわかる。とんでもない教材ですよ(笑)。笑っている内にメルカリを勉強できるので、ぜひ見てほしいです!」

そして、体を張った『お色気作戦』(?)を展開した、NMB48の渋谷凪咲さんにも話を伺った。
©ytv

◎ロケはいかがでしたか?
「街の人に直接声をかけるロケをした事がなくて、普段テレビで見ているようなロケをさせてもらって楽しみもありました。その日に出会った人の家に行く事も人生でした経験がなかったので、すごく楽しかったですね」

◎コンビを組んだ菊地さんの印象はいかがですか?
「何度か番組でご一緒したんですけど、2人でロケは初めてでした。メチャクチャやさしいお姉さんで、元々菊地亜美さんもアイドルをやられていて、ロケの合間の時間にたこ焼きを食べながら真剣な相談をさせて頂きました(笑)」

◎普段メルカリは使っていますか?
「お兄ちゃんとお姉ちゃんが使っていて、私は握手会で毎回違う服を着ないといけないので、着終わった服は自分ではなかなか売れないからお兄ちゃん、お姉ちゃんに売ってもらっています。私は洋服が多いですね。お兄ちゃんは靴とか買っていました」
©ytv

なんと、現役アイドルも(間接的にではあるが)活用しているという『メルカリ』!
これからも広がりをみせるであろうこのフリマアプリの楽しさを、『金のうぶ声』をご覧頂ければ少しわかって頂けるかもしれない。
『金のうぶ声』は、読売テレビの公式無料動画サイト『ytv Mydo!』にてご覧いただける。
さらに、ネット限定の『スピンオフ企画』も配信中!コチラもぜひチェックしていただきたい。

★メルカリバトルバラエティ 金(きん)のうぶ声
<出 演>川島明(麒麟)篠井英介 カミナリ 菊地亜美 渋谷凪咲(NMB48) ボビー・オロゴン 丸山桂里奈

<取材・下田和孝 構成・吉井智也>
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する