読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

古川雄輝、不意打ちのキスからの告白!「たまに見せる微笑みがたまらない」と話題!『ラブリラン』

2018.04.27

中村アン主演の連続ドラマ『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)の第4話が4月26日に放送され、町田翔平(古川雄輝)が南さやか(中村アン)に告白するシーンが話題になった。ドSキャラの町田が素直に気持ちを伝える姿は女性たちのハートを掴んだようで、Twitterでは「こんなにキュンキュンしてるの久しぶり!」「不意打ちのキス、ずるい!!」「笑顔やばい」などの声が多くあがった。

さやかは、デザイン会社に勤めるデザイナー。事務仕事をテキパキとこなす地味系女子だ。しかし、記憶を失った3ヶ月の間に大きな変化を遂げ、朝起きたら会社の後輩・町田と同棲していることを知る。15年間想いを寄せていた幼馴染の鷲沢亮介(大谷亮平)にも振られ、今ではデザイナーとして、同居人の町田と共に仕事に邁進する日々を送っている。

第4話は、さやかが町田の元カノ・小笠原杏子(大政絢)に突然ビンタされるシーンから始まる。なんと、偶然にもさやかがチーフデザイナーに任命された企画に起用されたモデルが杏子で、不安なまま撮影の日を迎えることに。「加湿器は7台必要」、「水素水しか飲まない」「ミルクセーキを買ってきて」などわがまま放題の杏子。挙げ句の果てには衣装にもダメ出しをされてその日は撮影できずに終わってしまう。

さらに、次の撮影でさやかは杏子を怒らせてしまい、立ち合いから外されることに。ひとり思い悩むさやかの前に現れた町田は、「(杏子は)自分の仕事にプライドを持っている。好き嫌いで動くような奴じゃない。外されたのにはそれなりに理由があるんだよ。俺の見込み違いだったな」と厳しい言葉をかけるのだった。

後日さやかが会社に行くと、以前初めて自分がデザインしたバレンタインチョコがデスクに置かれていた。するとさやかは、前にも町田が「南さんならやれると思ったから任せたんです。俺は間違ってますか?」と信じて応援してくれたことを思い出す。やる気を出したさやかは手作りの資料を完成させ、見事杏子を納得させることに成功する。

さやかが町田に「これ(バレンタインチョコ)で今回も頑張れた、ありがとう」と話すと、3ヶ月前のバレンタイン当日の記憶が蘇る。さやかから渡された「kiss me」と書かれたチョコレートのパッケージを見た町田は、さやかに不意打ちのキスをする。そして、「こんな直球メッセージよく恥ずかしげもなく思いつくよな。じゃあ、こっちも直球で。俺、南さんのこと好きです」と告白する。これにはTwitterで「ド直球がまたカッコイイ!!」「ドSだけど優しいって最高すぎる」「たまに見せる笑顔にやられる!!」と、ドSキャラの中に垣間見える素直さにトキメキを抑えられない女子が続出した。

次回は、町田との復縁を望む杏子がさやかに何か仕掛けてきそう。交錯するそれぞれの想いがもたらすトラブルを乗り越え、さやかと町田は距離を縮めることができるのか。注目だ。

【文:牛窪 梨花】
この記事を共有する