読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

最強ヒロイン・蘭の飛び蹴りがすべてを持って行く!『名探偵コナン』

2018.10.15

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の10月13日放送回「恋と推理の剣道大会(後編)」では、襲い掛かってきた犯人に立ち向かおうとした西の高校生探偵・服部平次、その剣道のライバル・沖田総司の2人そっちのけで、毛利蘭が見せた華麗な飛び蹴りに、視聴者から「かっこいい!」「驚いて笑いが止まらない!」などの声が相次いだ。

全国高等学校春季剣道大会が開催されることになり、江戸川コナンと蘭は、幼なじみである平次を応援しに来た友人・遠山和葉に同行する。平次は準決勝まで勝ち進み、強敵・沖田に勝って優勝すると心に誓う。それには平次のある決意がにじんでいた。準決勝、決勝は昼食休憩後の午後2時から開始の予定ということで、コナンと蘭はトイレを済ませて食事に行くことに。ところがトイレはどこも混んでいたため空いている場所を探しに外に出る。体育館の北口のトイレにさしかかると、そこには刃物で喉元を切られ倒れている男の姿があった……というストーリーの解決編。

事件は平次の手によって解決されたが、逆上した犯人が竹刀を持って平次と沖田に襲い掛かろうとする。しかし腕に自信がある2人はニヤリ。勝つ気満々の様子だったが、そこに割って入ったのが蘭だった。通っている高校の空手部主将を務め、都大会や関東大会で優勝経験もある蘭は犯人を強烈な飛び蹴りでノックアウト。これには平次や沖田、何度も見ているはずのコナンも「つ、強えぇ……」と面食らってしまう。Twitter上では「蘭ちゃんが空中に浮いてた! めっちゃカッコイイ!」「美しい飛び蹴り……」「最後にいいとこ持ってかれたね!」「ビックリした平次と沖田くんの顔!w」「急すぎて腹筋が痛いw」と華麗すぎる蘭の飛び蹴りに注目が集まった。

蘭が飛び蹴りという暴挙に出たのは平次や沖田を守るためではない。今回の剣道大会で優勝して平次が和葉に告白するつもりだと知った蘭は“平次が優勝できるか?”と偵察をすることに。すると平次の相手は体調不良、沖田の相手は別の用事ができたため勝っても決勝には出ないという。つまり沖田にさえ勝てば平次が優勝! 和葉に告白して晴れてカップルに……という考えに至った蘭。しかし、事件に首を突っ込み推理に夢中になっていた平次は大会のことをすっかり忘れ試合時間は間近に迫っていた。そのため蘭は犯人をノックアウトした後、ものすごい勢いで平次と沖田の腕をつかみ会場にダッシュしていったのだ。しかし会場で蘭たちを迎えたのは「平次のアホ!」と号泣する和葉だった。試合には間に合わず、相手が不戦勝となってしまったのだ。「また事件に首ツッコんどったん!? ホンマ探偵っちゅうんは……」と呆れる和葉に、思い当たる節があるコナンと蘭は苦笑いするしかない。結局、平次と和葉の“ラブの予感”は今回もお預けとなってしまった。

10月20日放送の「金融会社社長殺人事件」は1997年に放送された回のデジタルリマスター版。蘭が空手だけでなく“あれ”も強いことが発覚する回として、当時観ていたファンの間では有名な作品だ。これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する