読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

山形県の山奥にあるそば屋が大繁盛!毎朝5時間雪下ろしをするおもてなしに感涙!

境治 2019.04.12

山形県の山奥にあるそば屋が大繁盛!毎朝5時間雪下ろしをするおもてなしに感涙!
©ytv
4月11日放送の「秘密のケンミンSHOW」は「ダウンタウンDX」との合体2時間スペシャルとしてスーパー田舎を大特集。その中の「田舎のお出かけグルメ・遠くで食べたい」で紹介された山形県の山奥のそば屋がすごい!山形市民が「この辺も田舎だからさらに山奥の田舎の田舎」と言うほど遠くにあるのに、県民たちが足しげく通う繁盛店だと言う。遠くのそば屋がいったいなぜ多くの人を惹きつけるのだろう。

それは、山形市から車で1時間はかかる大石田町にある「七兵衛そば」という店だ。冬は雪が多い一帯で、山形市内の3倍くらい積もるとか去年は4m降ったとか、腰が引けることを皆さんおっしゃる。だが山形市民が口を揃えていうのは、とにかくうまいということだ。「そばってのはこういうものかと思うから」とまで言ってのけるおじさまもいて、聞けば聞くほどそそられる。

山形市から車を走らせ、最上川を越え田んぼの中をひたすら走るとやがて山道に入る。雪がずしずし積もっている中、ようやく到着したのが「七兵衛そば」。店内に入ると、いったいこんな山の中にどこから集まってきたのかというほど超満員。それぞれ1時間とか2時間かけて来た人びとは、何かの用事や観光で来たのではなく、ただこの店でそばを食べるためだけに車を走らせたのだ。マジか。そんなに食べたいのか。うまいのか。
©ytv

「七兵衛そば」のメニューはそば食べ放題一択!テーブルに運ばれたそばは、大きな丼に入っている、汁気のない冷たいそば。そしてつゆがなんと、白い!これは大根の絞り汁で、これにめんつゆを加えたものにそばをつけて食すのだ。えー?こんなそばの食べ方、初めて見た!しかもそばの麺が、太い!かみごたえありそうなその太いそばを、もぐもぐ食べては次々おかわり!食べ放題なのだからおかわりもするだろうが、お腹いっぱいになっちゃいそうだ。
©ytv

ここで気づくのが、外は雪、気温は低い、なのにそばは冷たい?ということだ。寒い冬はあったかーいつゆ入りのそばを食べるものではないのか?だが山形県民たちは口々に、「そばは冷たい方がおいしい」と言うではないか。そう!山形では温かいそばを食べる習慣がほとんどなく、そばと言えば冷たいのをつゆですするものなのだ。驚きのそば文化!そう言えばそばの通はもっぱらもりで食べると聞くから、山形では県民みんなそば通なのかもしれない。「温かいのは麺が伸びる。あれを食べるのはあんまりそばにうるさくない人だな」と、ごく普通の山形県民が断言するのでおそれいった。

「七兵衛そば」では大石田町でとれた「来迎寺在来」という品種のそばの実を使っている。コシもあるし甘みも香りも強いのだそうだ。絞り汁に使う大根は、雪の下に貯蔵してみずみずしさを保っている。そばにうるさい山形県民が評価するだけのことはある。

ご主人の井上一義さんは平成元年に「七兵衛そば」をはじめた。昔からこの辺りでは大根の絞り汁でそばやお餅を食べていたので、そのやり方でそばを出すことにしたそうだ。「わざわざこの山の中に食べに来てくれるんだから腹一杯食べて帰ってもらいたくて食べ放題になってしまった」と言う。このおもてなしの精神がそばに込められ、山形県民の心を惹きつけているのだろう。来てくれたお客さんに不便な思いをさせたくないからと、雪の季節は毎朝3時から8時まで5時間かけて雪かきをする。もうお歳なのに大変ではないか!大変、大変、と言いながら毎朝雪かきをする井上さんの姿に心打たれた。

良いお店は、結局こういうおもてなしの心、お客さんを想う気持ちから生まれるのだとあらためて思い知った。「七兵衛そば」の真心を味わいに、あなたも一度行ってみたくなったのではないかな?

【文:境 治】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する