読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

相撲が好き過ぎてちゃんこ店に通い詰める女子相撲経験者は和装の麗人!

2018.01.12

モノやコト、様々なジャンルの「ワケあり人」をスタジオへ招き、ライセンス・藤原一裕、井本貴史、NMB48・渋谷凪咲が、その偏愛ぶりをトークで明らかにする「ワケあり!レッドゾーン」。12月10日のオンエアでは、昨年話題になったあのスポーツ業界にまつわるワケあり人が登場した。

今回のワケあり人が「ワケあり どすこい女」と聞いた3人。「まわしでいたら引く」と話しつつ、スタジオを覗いてみると、そこには和服を来たおしとやかな女性の姿が。今回登場の武田葉月さんは「相撲が好き過ぎて20年間 元力士がやっているちゃんこ屋さんを巡り続けている女」。子供の頃から相撲が大好きで、20代で女子相撲デビューを果たし、初出場の大会で優勝を飾ったほか、これまでに相撲関連の本も多数出版しているとのこと。そんな武田さんが学生時代から初めていたのがちゃんこ店めぐり。これまでに100軒以上のちゃんこ店を訪れたそうで、スタジオに用意された「どすこいボード(渋谷命名)」の番付表で武田さん厳選のちゃんこ店が明かされた。

東西横綱ちゃんこ店として、大阪・東大阪「ちゃんこ料理 新」、東京・銀座「鵬」、大阪・天満「地鶏家 琴嵐」などを紹介。どの店も元力士が手がけているだけに味は折り紙つきとのことで、個性的な激ウマちゃんこ鍋が次々に登場。そのなかで銀座の「鵬」には武田さん自身がロケへ。銀座のどまん中にある同店の店主は宮城野部屋のマネージャー兼料理長で、横綱・白鵬関も常連とのこと。鰹と鶏ガラで取った出汁に鯵のつみれが入れられるなど、ここだけのおいしさを堪能できる「醤油ちゃんこ」が紹介されたほか、お店に来ると白鵬関が「あまりウケないギャグを言う」という裏話も披露された。

そして、スタジオでは東京・業平「どすこい酒場 龍馬」の「塩ちゃんこ鍋」の試食が行われることに。鍋が運ばれてきた瞬間、「めっちゃいい香り!」「迫力がすごい!」とMCの3人から声が上がる。渋谷はなんとちゃんこ鍋を食べるのが初めてとのことで、ひと口食べて「こんなの初めて」とつぶやくも、すかさずライセンスから「そうやろね!」とツッコミが。このお店は力士以外に格闘家なども数多く訪れるそうで、ハイボールを10リットル以上飲んだ元力士のエピソードなども話された。

最後に紹介された東の横綱店、埼玉・秩父「宮本家」は、250年の歴史がある温泉宿。「農家屋敷ちゃんこ鍋」を提供しているほか、国技館の土俵をモチーフにした土俵露天風呂も完備されているとのこと。入浴したという武田さんは「不思議な気持ちになりました」と心境を告白。それを聞いた藤原が「唯一まわしを外して入る土俵」と言うと、井本が「モロ出しや」とツッコみ、最後は渋谷も「ここでモロ出ししたいです」と、ちゃんこ鍋にまったく関係ないオチをつけ、番組は終了した。

【文:佐野 興平】
この記事を共有する