読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

家族で楽しめるクイズ!たくさん並んだあれの意味とは?『名探偵コナン』

2020.11.30

家族で楽しめるクイズ!たくさん並んだあれの意味とは?『名探偵コナン』
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)11月28日放送の「クイズ婆さん失踪事件」は、2002年4月に放送されたストーリーのデジタルリマスター版。少年探偵団活躍回ということで、各世代で楽しめる内容となっており家族で観ていた人も多かったようだ。

江戸川コナンは小嶋元太と円谷光彦から、吉田歩美に外国人のボーイフレンドができたのではないかという話を聞く。デート場所であるはずの公園に出かけると、そこでは歩美とお婆さんが一緒に猫の世話をしていた。コナンたちも捨て猫の世話をすることを決め、翌日も公園で待ち合わせをする。しかし翌日、約束の時間になっても、お婆さんは現れない。行方を捜そうとする少年探偵団のもとに、お婆さんが特に可愛がっていたブルースという名の野良猫が現れた。ブルースは首には昨日お婆さんがしていたスカーフを巻いており、そこには血で『日』という文字が 8つ書かれていていた……というストーリー。

スカーフに書かれた8つの「日」は、お婆さんが監禁されている場所と理由を示す暗号だった。「日」という文字に一本線を加えて別の漢字に変えるというクイズ。お婆さんと話をしながらクイズを出してもらっていた歩美がその意味に気が付き、光彦とコナンが思い当たる漢字を出し合うことで解決していった。

Twitter上では「クイズ好きには簡単!」「あとで子どもに出してみたけど、たのしんでた」「以外と一緒に観ていた息子の方が分かってた」といった感想があがり、多くの人がクイズとしても楽しんだようだ。

少年探偵団活躍回では難しい推理だけではなく、小学生である彼らとともに、家族みんなで挑戦できるクイズのようなストーリーとなっていることが多い。今回も、視聴者は“一緒に考える”という体験ができたようだ。

【文:山田 奈央】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する