読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

安室透、沖矢昴登場の『名探偵コナン』!灰原哀の大切な物のために奔走!

2018.12.17

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)12月15日放送の「心のこもったストラップ(前編)」では、安室透、沖矢昴、今回は名前だけだったが風見裕也といったキャラクターが登場し、ファンを大いに沸かせた。

江戸川コナン、灰原哀、吉田歩美、小嶋元太、円谷光彦、は東都スタジアムを訪れ、ビッグ大阪VSスピリッツ東京の試合を観戦する。帰りの電車で、コナンたちが乗っていた電車は急停車。乗客たちは体勢を崩して転倒する。その後、コナンたちは阿笠博士の自宅に戻り、スタンドで会ったビッグ大阪の比護選手の話題で盛り上がる。灰原は売り切れる直前に大好きな比護選手のぬいぐるみストラップを購入しており上機嫌。光彦は撮った写真を見ようとしてスマホを取り出し、知らない内に録画していた事に気付く。電車の中で転倒した時に録画ボタンを押してしまったようだ。光彦と同じようにポケットの中にスマホを入れていた灰原は自分のスマホを確認して愕然となる。スマホに付けていた比護選手のぬいぐるみストラップが無くなっていたのだ。放心状態になってしまった灰原のために、コナンたちはストラップの捜索を開始する……というストーリー。

駅員に落とし物がないか連絡すると、最寄りではない少し遠い駅にサッカー選手のぬいぐるみストラップが預けられているという。それを知ったコナンたちは博士に車を出すように頼む。しかし博士の車は他の人に貸しているため使うことができなかった。そこへタイミングよく現れたのが、現在、工藤新一の自宅に住み管理を任されている大学生の沖矢昴だった。今度は沖矢に「車を出してほしい」と頼むが、沖矢もこの後用事があるという。しかし「自宅の前に見覚えのある車が止まっている」とコナンたちに教えてくれる。そこには「ドライブ中に眠くなって仮眠をとっていた」という安室がいた。

コナンたちについてきて一緒にお願いをする沖矢と、安室。子どもたちの手前、露骨に出さないものの、2人の間には見えない火花がバチバチと散っていた。2人揃っての久々の登場にTwitter上は「安室さんと沖矢さんが喋っている……」「2人とも怖いよ」「ひぇぇ……このお二人は相変わらずですね」「安室さんは暇さえあれば沖矢さんの監視をしてるということでしょうかね?」と大盛り上がり。ちなみに今回キャラクター名の他に、安室の愛車・白の『RX-7』がTwitterのトレンド入りを果たした。

2人の関係や正体については2018年話題となった劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」、そして2016年の劇場版「名探偵コナン純黒の悪夢」、アニメでは2015年「緋色の序章」をはじめとする“緋色シリーズ”、2017年「裏切りのステージ」などで長期間にわたって描かれている。この機会に改めて見直してみるのも良いかもしれない。

また2019年1月5日、12日の17時30分から2週連続1時間スペシャルで放送される「紅の修学旅行編」の予告映像も公開された。無事、工藤新一の姿で修学旅行に参加できた様子のコナン。しかし今回、アポトキシン4869の解毒剤をねだって灰原に怒られていたため、いったいどのようにして灰原を説得することができたのか? こちらも見どころだ。

12月15日放送の「心のこもったストラップ(後編)」では、沖矢、安室、そして今回は名前だけの登場だった風見も巻き込んで、灰原の大切なストラップを無事に見つけることができるのか? これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する