読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

『名探偵コナン』でキーパーソンの女の子が視聴者の視線を独占!

2018.06.25

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の6月23日放送回「七年後の目撃証言(前編)」では、今回の事件のキーパーソンとなる少女・友里未央奈が「かわいすぎる!」と視聴者の目をくぎ付けにした。

江戸川コナンは、毛利小五郎、毛利蘭とともにあるペンションにやってくる。そこには支配人家族と複数の宿泊客がいた。宿泊客たちが談笑している最中、ある男性の服に付いているワッペンの話題になる。それは7年前に放送していた特撮ヒーローのものだった。話は盛り上がり男性がそのヒーローのお面を取り出すと、それを見た支配人の娘・未央奈は動揺し始める。落ち着きを取り戻した未央奈は、コナンたち観光客を近くのつり橋まで案内する。その頃、橋の下では刑事たちがある遺体の捜査をしていた……というストーリー。

今回の事件では、ペンションの宿泊客が被害者の知り合いだったり、特撮ヒーローがキーワードになっていたりと、徐々にペンションの人々と橋の下の出来事がつながりを持ち始める。さらに未央奈が過去に遭遇した事件とそのトラウマが鍵となっているようだ。

そんな中、Twitter上では「え、今日出てきた女の子かわいいやん!」「コナン、蘭と遊ぶ未央奈ちゃん癒し」「コナンよりちょっと背が高いってのもGOOD!」「コナンと並んでるのカワイイ」とつぶやかれた。さらに、トラウマによって泣き始めたり、意識を失ってしまったりというような場面では、彼女を心配する声であふれた。今回は“未央奈ちゃん”が視聴者の視線を惹きつけて離さなかった。

今回の前後編のみの登場となる可能性が高いキャラクターだが、6月30日放送の「七年後の目撃証言(後編)」への期待は高まっているようだ。後編ではどのような表情を見せてくれるのだろうか。これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する