読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

一華(広瀬アリス)は結婚、千曲川(滝藤賢一)は海外へ!そこに黒幕の魔の手が?『探偵が早すぎる』最終回

2022.06.17

連続ドラマ『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の最終回が6月16日に放送された。犯罪を未然に防ぐ探偵・千曲川光(滝藤賢一)、遺産を巡って常に命を狙われている十川一華(広瀬アリス)、その家政婦・橋田政子(水野美紀)が繰り広げる痛快ミステリー。一華は、美津山会長の孫・宗介(萩原利久)と結婚した。Twitterでは、「一華ちゃんのウエディングドレス姿、綺麗~!」「こんなにめでたい日でも関係なく、一華に魔の手が忍び寄るとは」「黒幕がアノ人!?」といった感想が寄せられた。

一華を守る役目を終えた千曲川は、美津山会長・秋菜(宮崎美子)から報酬を受取り海外へ旅立つことに。一方、橋田は一華に家事の猛特訓をする。厳しく指導され、いつものように文句を言う一華だったが、こんなやり取りもこれからはできなくなると感じ、ずっと面倒を見てくれた橋田に感謝を伝え、泣いてしまう。橋田は母親のように、一華の幸せを願うのだった。

ある日、帰宅途中の一華が工場現場を通りかかると、鉄パイプが上から落ちて来るという事件が発生。まだ誰かが彼女の命を狙っているようだ。そんな中、美津山家の別荘で一華と宗介の結婚披露パーティーが行われることに。財界の有力者が集まる中、一華は宗介の妻として秋菜に紹介される。パーティーには凄腕の焙煎士も呼ばれ、最上級のコーヒーを提供していた。だが、ふとした隙を突いて宗介が焙煎士を襲い——。

Twitterでは、「一華ちゃんのウエディングドレス姿、綺麗~!」「ダメだ…全員怪しく見える」「こんなにめでたい日でも関係なく、一華に魔の手が忍び寄るとは」「トリック返しでまさかの笑気ガスw」「黒幕がアノ人!?」「宗介、ずっと疑っててゴメン!」「え? サヨナラしちゃうの!?」「一華と宗介の結末が切ない…」「千曲川の一華への想いに図らずも号泣」「一華には幸せになってほしいし、もう狙われてほしくないけど、ずっと橋田さんと暮らしてほしいし千曲川とケンカしててほしい」「この3人は最強!」「千曲川さん、一華、橋田さんにまた会えますように!」などのコメントが上がった。

幸せを掴んだはずの一華は、またしても絶体絶命の危機に見舞われてしまう。しかし、千曲川らの鮮やかなトリック返しによって見事に事件は解決した。彼は晴れて一華と別れ、海外へ。しかし、視聴者としては再び千曲川が戻って来ることを願ってやまない声が多かった。

【文:齋藤めぐみ】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ