読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

「鳥居社長(前田公輝)の恋、実ってほしい」花魁が合コンに参加!告白の嵐!岡田結実主演『江戸モアゼル』

2021.01.29

岡田結実主演の連続ドラマ『江戸モアゼル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第4話が1月28日に放送された。江戸時代からタイムスリップしてきた花魁の仙夏(岡田結実)は、居候先の寿乃(山口まゆ)とマッチングアプリを始める。早速、寿乃の条件にピッタリ合った宮田(佐野和真)から3対3で合コンしようと誘いがあり、仙夏は「寿乃の恋、応援するよ!」と合コンに参加することに。しかし、蔵地(葉山奨之)は「マッチングアプリなんてやめておけ」と反対する。Twitterでは、「仙夏、行く気満々」「現代楽しみまくってて何よりです」「合コン参加www」といったコメントが寄せられた。

そんな蔵地は、先日、泉美(吉谷彩子)にキスされて以来、彼女とどう接していいか分からなくなっていた。仙夏に励まされ、泉美に話かけようと決心するものの、考え過ぎて頭の中はどんどんおかしな方向へ向かってしまう。Twitterでは、「ハッキリしないとさー! 令和男子!」「泉美……頑張って!」などと泉美を応援し蔵地を叱咤する声があがった。

一方、広告会社社長の鳥居(前田公輝)は、仙夏のことが気になって仕事が手につかなくなっていた。鳥居は仙夏をお茶に誘い、特製ケーキを用意する。しかし、そんな鳥居の真剣な気持ちに気付かない仙夏は、ケーキを美味しそうに食べながら合コンへ行くことを打ち明け、鳥居を激しく動揺させてしまう。さらに鳥居は、仙夏の中でいまだに自分が江戸の想い人・直さんの生き写しでしかないことにショックを受け、改めて「鳥居直樹」本人として仙夏を振り向かせることを心に決めるのだった。

Twitterでは、「好きな人を振り向かせたくて一生懸命なところが愛しいね」「がむしゃらに仙夏さんを追いかける姿かっこいいです」「社長の告白シーン、キュンどころかギューーーン!!!って感じだったわ」「鳥居直樹として……素敵です社長!!」「鳥居社長の恋実ってほしい」など、鳥居を応援するコメントが多く集まった。

合コン当日。仙夏・寿乃・香澄(藤江萌)は、ワクワクドキドキで宮田ら3人の男性と顔を合わせる。仙夏は、花魁流で合コンを盛り上げようと奮闘。寿乃は宮田と意気投合し、連絡先を交換することができた。ほどなくして、寿乃と宮田は付き合うことになるのだが、そこには大きな障害があった……。

今回、仙夏と鳥居、蔵地と泉美、それぞれの恋も急展開を迎えて、もどかしさが止まらない。この四角関係、一体どうなっていくのか? 次回に注目だ。

【文:齋藤めぐみ】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ