読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

新一×蘭の将来?アニメ『名探偵コナン』の毛利夫妻に胸キュン!

2018.04.23

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の4月21日放送回は「容疑者毛利小五郎(後編)」。2000年に放送された作品のデジタルリマスター版だ。公開中の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』と同様、私立探偵の毛利小五郎と、弁護士で別居中の妻・妃英理の絆を感じるシーンが登場した。それを観たファンの間では、2人の娘である毛利蘭と、その幼なじみで高校生探偵の工藤新一を重ね合わせ、「まるで将来の新一と蘭、見てるみたい」「本音言えないけど、好き同士とか(新一と蘭に)そっくり」との声があがった。

今回、江戸川コナンは、蘭、小五郎と共に、軽井沢のホテルに行くことになる。そこで男性とネクタイを選ぶ英理と偶然会う。英理は弁護士仲間と旅行中で、男性はその1人だった。弁護士仲間たちは言い争う小五郎と英理をなだめ一緒に飲もうと誘う。ところが小五郎は、酔って女性にちょっかいを出し、怒った英理は店を出て行く。蘭がなだめると、英理は小五郎のためにネクタイを買ったことを明かす。翌日は2人の結婚記念日だったのだ。

英理は蘭と一緒にネクタイを渡しに戻るが、飲み会はお開きになっていた。しかし、小五郎は部屋に戻っておらず、英理たちはホテル内を探すことにする。みんなの部屋を回った後、小五郎がちょっかいを出していた女性の部屋を、弁護士仲間たちと再び訪ねる。英理が部屋の前で小五郎の携帯に連絡すると、中から着信音が聞こえた。ボーイに部屋の鍵を開けてもらうが、ドアはチェーンロックがかかっている。そこで、すき間から中を覗くと倒れている女性を発見。慌ててドアに体当たりして中に入る。しかし、女性は小五郎の眠るベッドの横ですでに絶命していた……というストーリーの解決編。

口ではケンカをしつつも、小五郎の「そろそろ戻ってきてくれねぇか」というセリフを録音し、何度も聞いて嬉しそうにしている英理。傍から見れば好き同士の2人だが、別居を続けている。
これを観た視聴者はTwitter上で「素直になれない人多すぎ!」「蘭も新一と結婚したら……」「すでに新一(コナン)と同棲中だから、蘭ちゃん楽そうだねw」「新一は、結婚しても事件ばっかり追いかけて別居状態に1票」など、新一と蘭の未来に想いをめぐらせるファンが多かったようだ。

実は、小五郎と英理も幼なじみで、大学在学中に結婚している。小五郎は刑事から探偵へと職業を変えてはいるものの、現在の新一と同じ立場なのだ。過去には、英理が蘭に対して「あなたも、幼なじみと探偵には気をつけることね……ロクな目にあわなくってよ!」と忠告する場面もあった。
そもそも、まだ恋人同士にもなっていない新一と蘭。今後どうなっていくのだろうか?

4月28日放送は「真犯人の叫び声」。いったい、どんな事件が待ち受けているのか? 見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する