読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

高木刑事の尊敬する“伊達航”とは?アニメ『名探偵コナン』スピンオフ「警察学校編」

2022.03.14

山田奈央
高木刑事の尊敬する“伊達航”とは?アニメ『名探偵コナン』スピンオフ「警察学校編」
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)3月12日は、降谷零、松田陣平、伊達航、萩原研二、諸伏景光の警察学校時代を描くスピンオフ作品「警察学校編 Wild Police Story」の第2弾「CASE.伊達航」が放送された。

逮捕術の授業で戦った降谷と伊達。伊達が勝利し、負けた降谷に「なぜ自身の弱点を突かなかったのか?」「誰よりも強くなければ、正義は遂行できない」といった言葉を投げかける。その夜、降谷は一人ベッドで伊達の言葉について考えていた。そんな降谷の部屋に、外出するという諸伏、萩原、松田がやってくる。「買ってきて欲しいものはないか?」という言葉に「特にない」と返した降谷だったが、しばらくして歯磨き粉が切れていることを思い出す。お願いしようと部屋を出るが、すでに諸伏たちの姿はなく一人でコンビニに行くことにする。降谷が外に出ると、そこには伊達の姿があり、父との過去の出来事を語りだした……というストーリー。

昨年の12月4日に第1弾「CASE.松田陣平」が放送されてから、「次回はいつなのか?」と待ちわびていたファンも多く、放送日時が発表された際には喜びの声があがっていた。また今回の放送に先駆け、第1弾「CASE.松田陣平」が3月5日から各配信プラットフォーム、3月12日17時からはYouTube「【アニメ】名探偵コナン公式」チャンネルでプレミア配信が行われ、さらに盛り上がりを見せていた。

伊達は、劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』でもメインのキャラクターとなる高木渉刑事が尊敬する人物。今回のシリーズでもわかる通り、学生時代から気さくで面倒見がよく頼りになる人柄だ。刑事になってからは高木の教育係を務めており、下の名前が同じことから伊達は“ワタル・ブラザーズ”と勝手に命名し触れ回っていた。居眠り運転の車に跳ねられて死亡したため現在は故人であり、高木は遺品から手帳を譲り受けている。

“ワタル・ブラザーズ”については番組Twitterで公開された『警察学校編 事前レポート 調査責任者 佐藤刑事 高木刑事』でも触れられており、ファンからはもう会うことができないという悲しみと、今回のストーリーへの喜びの声があがっていた。

今後、萩原と諸伏の背景についても、映像で語られる時がくるであろう。感想タグの「#警察学校編伊達航出席しました」にも、次回を期待する多くの声が寄せられている。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ