読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

灰原哀先生のサッカー解説!熱くてカワイイ講義に視聴者がメロメロ!

2018.07.17

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の7月14日放送回「Jリーグの用心棒」では、サッカーファンとして熱のこもった解説をする灰原哀の様子に感嘆の声があがった。

江戸川コナンは、東京スピリッツVSガンバ大阪の試合前に始球式を務める事になった毛利小五郎について東都スタジアムにやってくる。そこには少年探偵団の円谷光彦、小嶋元太、吉田歩美、灰原もいた。始球式の前、東京スピリッツスタッフにスタジアム内を案内してもらうことになり……というストーリー。

ガンバ大阪のファンである灰原は、サッカーの知識も豊富。案内していたスタッフが「スタジアムにこんなに詳しい子がいるなら、僕の出番はありませんよ」と言ってしまうほど、少年探偵団のメンバーを相手にスタジアムについて熱く解説していた。

その様子を見た視聴者はTwitter上で「哀ちゃんかわいい、めっちゃしゃべる」「サッカーを熱く語る灰原、いいね!」「今日の哀ちゃんやべぇ」などとつぶやき、いつもは比較的無口な灰原の楽しそうな姿に喜んでいたようだ。

またエンディング終了後のキャラクター同士のやり取りでは、少年探偵団のメンバーが登場。「Jリーグを支えるスタッフさんは?」という灰原の質問に、「ホペイロ!」と光彦、元太、歩美が元気よく返事をする。すると灰原は「いい勉強しましたね」と優しく言うのだ。それに「ん……」と小さく答えるコナンの声も入っている。このやり取りにTwitter上では「灰原先生回でした」「言い方が…哀ちゃんの保護者感」「コナンの『ん……』ってなにw かわいいか!」などとつぶやかれた。可愛いらしいやり取りに悶絶した視聴者も多かったのか、この部分のセリフと「あ、ありがとうございますっ!」「グワッ!」「あー!」「ギャー!」といった様々な感情と叫び声だけつぶやく人も続出した。

7月21日放送「川床に流れた友情」の予告では、川が赤く染まるドキッとする映像が流れていた。いったいどんな事件が待ち受けているのだろうか? これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する