読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

新一×蘭の修学旅行編から戻れない人続出!『名探偵コナン』ドキドキOP&ED映像!

2019.01.28

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)1月26日放送の「鶴の恩返し殺人事件」は、1998年に放送された回のデジタルリマスター版。そして今回、オープニング映像には1月5日、12日に2週連続1時間スペシャルで放送された「紅の修学旅行編」のカットが使用されていた。そのためファンの間では「修学旅行編が蘇ってたまらない!」などの声が続出した。

今回江戸川コナンは、毛利小五郎、毛利蘭とともに、特別天然記念物のタンチョウを見るため北海道にやってくる。小五郎たちはひょんな事から鶴を世話している男性と知り合い、自宅に泊めさせてもらう事に。男性の奥さんは5年前に他界し、今は1人暮らしをしているという。自宅には弟の画家が10日前から居候していた。コナンは部屋に置かれた透明な強化ガラスの事を訊ね、修造は今のくもりガラスとはめ替えて、部屋からもタンチョウを見られるようにすると答える。和やかに話が進む中、そこに慌てた様子の男女がやってきて……というストーリー。

1998年当時を振り返って懐かしむファンがいる中、注目を集めたのがオープニング曲として起用された「薔薇色の人生」とエンディング曲として起用された「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」だった。どちらもコナンとゆかりの深い倉木麻衣が担当。1月5日、12日に放送された「紅の修学旅行編」のために書き下ろされた楽曲と発表されていたため、2週間のみの起用と思われていた視聴者も多かったようだが、今回改めて最新オープニング&エンディングとなり、ファンにはうれしいサプライズだったようだ。

映像には2週にわたる修学旅行編のカットがふんだんに使われており、蘭から新一へのキスシーンなどではファンが大興奮! Twitter上は「修学旅行編から頭が戻ってこない」「マジで薔薇色の人生だな」「今の新一と蘭にピッタリ」「これ毎週観れるの!? キャー! ってなる」「麻衣ちゃんの『フ~!』のとこで一緒に『フ~!』って言ってた来週も言うな……」といったコメントであふれた。

2月2日の放送は「窓辺にたたずむ女(前編)」。今回は少年探偵団とちょっとミステリアスな美人のお姉さんが登場! 少年探偵団は彼女を守り抜くことができるのか? 見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する