読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

胃が弱くて、ブラックコーヒーが嫌いな缶コーヒー大好きおじさん!

2018.03.28

スタジオへ様々なワケあり人を招き、ライセンス・藤原一裕、井本貴史、NMB48・渋谷凪咲がマニアック&レアなトークを展開する「ワケあり!レッドゾーン」。今回登場した「ワケあり豆おじさん」こと吉崎さんは、「10年間で4,000種以上の缶コーヒーを飲んできた缶コーヒー大好きおじさん」。MCのライセンスから、構成作家のようと評されたそのルックスは、ニットキャップにメガネというラフなスタイル。確かに茶色のニットキャップがコーヒー豆に見えなくもないような…。現在も1日2本は缶コーヒーを飲み、記録保存のため「缶コーヒーマニア」というホームページも開設、レビューと新商品情報をアップしているとのこと。そんな缶コーヒーマニアが全国の超激ウマ「ご当地缶コーヒー」を大公開するという今回。誰にも身近な商品だけに、ネット上でも「あのブランドが好きだった」「今はコレをよく飲んでいる」「懐かしい!」などの声で盛り上がっていた。

スタジオでも、ライセンス・藤原一裕、井本貴史、NMB48・渋谷凪咲の3人が普段よく缶コーヒーを飲んでいるということでトークがヒートアップ。吉崎さん抜きで大いに話しが弾んでしまう。もちろん、吉崎さんも缶コーヒー愛にあふれているものの、若干のアピールの弱さをライセンスが見逃さない。1日に最低2本は飲むと話したあとに「胃があまりよくないんですけど…」と言えば「よくないんかい!」とツッコまれ、MCの3人だけで話が弾むと「お帰りいただいても…」とうながされてしまう吉崎さん。しかし、各地のご当地コーヒーを紹介するコーナーでは、ワケあり人の面目躍如。レアな商品を次々と紹介し、クイズ形式でMC陣に解答させるなど、スムーズなトークを聞かせてくれた。

今回は、牛乳、生クリーム、ミルクソースという3種のミルク素材を合わせた、関西人好みのミルクリッチなKIRIN「FIRE 関西限定ミルクコーヒー」、珊瑚を使って豆を焙煎している沖縄県・南西食品「35COFFEE Bitter Sweet」、特産の和三盆を使った徳島県・サンマック「徳島珈琲 カフェオレ」などの地域限定商品のほか、気になる新商品も数多く登場。MC陣も試飲し、それぞれの味の違いを確かめていた。吉崎さんは「沖縄のおばあたちは以前からコーヒーに黒糖を入れて飲む習慣があった」などのうんちくも披露。人生で最も衝撃を受けた缶コーヒーとして取り上げた愛媛・あいさと「いよかんコーヒー」では、MCの3人も大いに驚くなど、すっかり序盤のアピールの弱さを挽回していた。

そして番組ラスト。普段、缶コーヒーはブラックを飲んでいるという藤原が、吉崎さんおすすめのブラック缶コーヒーを尋ねたところ、まさかのおすすめナシ!その理由は、ブラックコーヒーが苦手だから…。「飲まないことはないんですけど、特に好きでもなんでもなくて…」と正直過ぎるコメントが飛び出した。あまりの理由に藤原が「なんかおいしいとか聞かないですか?」「地方とかでも?」と食い下がるが「う〜ん…」と黙りこむ吉崎さん。4,000本以上の缶コーヒーを飲んだワケあり人はブラックコーヒーが好きではない、という驚きの結末となった。

【文・佐野 興平】
この記事を共有する