読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

アニメ『名探偵コナン』でファンの推理が勃発!?今回のヒントはサブタイトル

2021.02.22

山田奈央
アニメ『名探偵コナン』でファンの推理が勃発!?今回のヒントはサブタイトル
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)2月20日放送の「憎しみのフライパン」では、サブタイトルが発表された際からある推理が飛び交っていた。

江戸川コナン、毛利蘭、小五郎は、あるベンチャー企業が開発した新しいフライパンのモニター会場にやってきた。社員たちによるフライパンの紹介が終わると、挨拶のために社長が呼ばれるが、なかなか出てこない。社長室からした悲鳴を聞いてコナン達が駆けつけると、そこには胸から血を流した社長が倒れていた……というストーリー。

“憎しみのフライパン”という強烈なサブタイトルに、Twitter上では「絶対、フライパンなタイトルじゃないか!」「すごく硬いフライパンだって!?」「やはり、凶器はフライパン……!」などと、“フライパン”でどのように犯行が行われるか盛り上がった。

しかし、社長の殺害方法はナイフによる刺殺。その後に起こった研究棟での事件も爆発によるものだった。これには「まさか……凶器はフライパンじゃないのか?」「フライパンだとばかり思っていた」と度肝を抜かれたようだ。

担当声優やサブタイトルなど、様々なヒントを頼りに推理を楽しむアニメ『名探偵コナン』のファンたち。次はどんな考察が生まれるのだろうか?

【文:山田 奈央】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ