読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

爽やかイケメンが女子を監禁する“ド変態東大生”に!時間旅行『リピート』で「あのイケメン、演技うますぎ」と絶賛の声

2018.02.09

貫地谷しほり・本郷奏多・ゴリ(ガレッジセール)が主演を務める連続ドラマ『リピート〜運命を変える10か月〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)2月8日の第5話では、俳優・猪野広樹が監禁して撮影した女性の写真を闇サイトに公開して楽しむ歪んだ優等生役を演じた。Twitterでは「あの役者すげえな。1番怖いわ」「いつもは爽やかイケメンなのに(今回は)ど変態w」「良いイカれ具合だった!」「演技うますぎる!」などと、これまでのイメージを打ち破る演技に高評価の声が多くあがった。

ある日、図書館司書の篠崎鮎美(貫地谷しほり)に、風間(六角精児)という謎の男から電話がかかってきた。それは「10か月前に戻ることができる“リピート”という時間旅行に招待したい」という内容だった。招待されたフリーターの毛利圭介(本郷奏多)やカフェ経営者の天童太郎(ゴリ)を含む計8人の男女は時間旅行に参加することに。誰もが前よりも幸せな人生を送ることを夢見ていたが、待っていたのは相次ぐ仲間の死だった。ついには鮎美も何者かによって階段から突き落とされ、命の危険にさらされてしまう。

注目の第5話では、リピート仲間の郷原俊樹(清水圭)の死について何かを隠している予備校生の坪井要(猪野広樹)に焦点が当てられた。坪井はリピート後に東大生になっている。

郷原が何者かに刺殺される直前に、坪井と喧嘩するところを目撃した鮎美は、圭介や天童と共に坪井の正体を探ることに。すると、坪井の高校時代の同級生から「女の子を連れ込むための秘密部屋を持っていると噂があって」と情報を得る。さらに、闇サイトに「女の子を恥ずかしい格好にして撮影します。見張り役募集。謝礼ははずみます」という書き込みをしていたことが判明。これを見た郷原が見張り役に応募していたことが明らかになった。

天童は坪井を尾行するが、監視していたかのように現れた風間に遮られ見失ってしまう。その頃、サイトには「東大生に群がるアホ女と合コンします。恥ずかしい格好にされて撮影されるとも知らずに。成功後に詳細をアップします」という書き込みが更新されていた。

鮎美と圭介はこれを止めるために奔走する。坪井は女の子たちにナゾの薬を飲ませ、秘密部屋に移動。気づいて反抗する女の子たちに「ごめんなさいって言えよ、ほら」とビンタをする。さらに「もっと可愛く!」とエスカレート。この振り切ったゲスな演技に、Twitterでは「怖いしキモいのにイケメン!」「今まで(このような演技を)見たことなすぎて驚き!」「怖いけど(頭を)よしよしされて肩持たれたいとか思ったわ!」などと大絶賛の声があがった。

鮎美と圭介は、間一髪で犯行を阻止するが、問題はリピートの秘密をバラされることを懸念して坪井を警察に通報できないことであった。それを理由に悪びれることのない坪井に対し、鮎美は「リピートしたって中身が変わらなきゃ意味がないよ!」と怒りをぶつける。坪井は「絶対許さねえ」と反省もなく激怒。リピート仲間たちのバランスは大きく崩れだしている。果たして彼らの運命は? 今後も注目だ。

【文:牛窪 梨花】
この記事を共有する