読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

「生理学」が先か?「医学」が先か?

2018.10.03

「テレビの中で気になった言葉」について、私、道浦俊彦がお届けする連載企画「ことばのことばかり」。第2回の今回は、日本中を明るい気分にした話題から。

10月1日午後6時20分ごろ、今年の「ノーベル生理学・医学賞」に、京都大学の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授の受賞が決定しました。

がん治療薬「オプジーボ」の開発などにつながった免疫チェックポイント分子「PD-1」を発見したことが評価されたそうです。ここ数年、毎年、「受賞するのではないか?」と本命候補に挙がっていたので、難しいお名前ですが、もちろん存じ上げています!

日本人の「ノーベル生理学・医学賞」受賞者(肩書は当時)は、おととし(2016年)の
大隅良典・東京工業大学栄誉教授、3年前(2015年)の大村智・北里大学特別栄誉教授、さらにさかのぼると、いまだに受賞時のイメージが強い2012年受賞iPS細胞の山中伸弥・京都大学教授と、日本人で初めて「ノーベル生理学・医学賞」を受賞した1987年の利根川進・マサチューセッツ工科大学教授、そして、今回の本庶佑・京都大学特別教授の5人ですね。

ところで、私はこの「ノーベル賞」の表記がマスコミによって違うということに、3年前の大村智・北里大学特別栄誉教授の受賞の際に気付き、その直後に開かれた新聞用語懇談会の秋季合同総会(2015年11月)で、各社の表記について以下のように質問していました。

****************************************
『大村智さんの受賞が決まった「ノーベル生理学・医学賞」ですが、その部門の表記が各社、異なります。私の観察では以下の通りです。それ以外の各社の表記を教えていただきたいのと、なぜその表記になったかという「理由」も教えてください。

日本テレビ・読売テレビ系列では、2012年、iPS細胞の京都大学・山中伸弥教授の受賞時から「ノーベル生理学・医学賞」で統一されました。「生理学」が先で「・」が入ってから「医学賞」の順番です。

★「ノーベル生理学・医学賞」=読売新聞・日経新聞・日本テレビ
★「ノーベル医学生理学賞」=朝日新聞・毎日新聞・テレビ朝日・TBS・山梨日日新聞(共同通信)
★「ノーベル医学・生理学賞」=産経新聞・NHK・フジテレビ・テレビ朝日

なお、英語での表記は
「Nobel Prize in Physiology or Medicine」(Japan Times)でした。
また、会議の前に寄った書店で見かけた「主婦の友社」と「小学館」の「大村先生に関する本の帯」も「ノーベル生理学・医学賞」でした。』
****************************************
この質問に対して、マスコミ各社からはこのような回答が返ってきました。

◆朝日新聞…慣習で戦前から「ノーベル医学生理学賞」。見出しで「医学賞」とすることもあり、そのためには「医学」を先にしたほうが良いのではないかなと思う。

◆毎日新聞…理由はわからないが、戦後は「ノーベル医学・生理学賞」だったが、2004年に共同通信の表記に合わせて「・」を取り「ノーベル医学生理学賞」になった。

◆共同通信…加盟社から表記に関して数回、問い合わせがあった。1987年、利根川進氏がノーベル賞を受賞した際から「ノーベル医学生理学賞」とした。(「・」は、なし。)「医学賞」と、見出しなどでは略す。ノーベルの遺言では「生理学」が先だが、既に「医学生理学賞」で定着しているので、そのまま。

◆NHK…科学文化部のデスクに聞いた。「以前から『ノーベル医学・生理学賞』。他社もそれが多いと認識している。数年前に表記を変えるかどうか相談したが、『医学』が先に来た方が分かりやすいということで『そのまま』になった」ということだった。


ちなみに、今回(10月1日)、本庶氏受賞のニュースを見ていると、

(日本テレビ)生理学・医学賞
(読売テレビ)生理学・医学賞
(毎日放送)医学生理学賞
(NHK)医学・生理学賞

と、やはり各局の表現はバラバラでした。
しかし、順番がどちらでも、ノーベル賞受賞の価値は、いささかも減じることはありません。
本庶先生、おめでとうございます!

(文:道浦 俊彦)

【執筆者プロフィール】
道浦 俊彦(みちうら・としひこ)
1961年三重県生まれ。1984年読売テレビにアナウンサーとして入社。現在は報道局専門部長で『情報ライブ ミヤネ屋』でテロップや原稿のチェックを担当するかたわら、98年から日本新聞協会新聞用語懇談会委員。著書に『「ことばの雑学」放送局』(PHP文庫)、『スープのさめない距離~辞書に載らない言い回し56』(小学館)、『最新!平成ことば事情』(ぎょうせい)など。『現代用語の基礎知識』(自由国民社)では2006年版から「日本語事情」の項目を執筆している。読売テレビのホームページ上でブログ「平成ことば事情」「道浦俊彦の読書日記」を連載中。趣味は男声合唱、読書、テニス、サッカー、飲酒(ワイン他)など。スペイン好き。
この記事を共有する