読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

財木琢磨の「一緒にお風呂入ろうよ」に女子たちが照れまくり!『私の守護神ウラーザくん2』

2018.03.08

WEBオリジナルショートドラマ『私の守護神ウラーザくん2』の第3話が3月3日(土)に配信され、『第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でフォトジェニック賞を受賞した“頼れるお兄ちゃん系男子”の財木琢磨が、なかなか落ちない水垢掃除の悩みを解決した。これを観て「イケメン」と「お風呂場」というシチュエーションについつい妄想が膨らんでしまう女子たちが続出したようだ。

イケメン守護神の「ウラーザくん」は、元AKBグループの野呂佳代演じる「わたし」が困った時にだけ現れ、とっておきの裏技で悩みを解決してくれる。

お風呂場で、なかなか落ちない水垢にため息をつく「わたし」。そこに現れた「白ウラーザくん」は、殻付きのゆで卵を差し出す。「白ウラーザくん」は「ウラーザくん」の基本形で、優しく「わたし」を助けてくれる癒しの守護神だ。「卵でどうやって?」と半信半疑の「わたし」に、「白ウラーザくん」は「まあ見てなって」とお兄ちゃんキャラでリードする。

「白ウラーザくん」が殻を丁寧にむく手つきにうっとりする「わたし」は、思わず目を閉じ、得意の妄想を始めてしまう。それは、想像の中だけで登場する強引でちょっと俺様な「黒ウラーザくん」が「わたし」の上着を、殻をむくように脱がせるシーンだった。「綺麗だよ」と褒めながら胸元のリボンを解かれると、いよいよ恥ずかしさを隠しきれない「わたし」だが、ありのままの自分を褒めてくれる「黒ウラーザくん」にすべてをあずける準備は万全。「どうにでもなれ!」と次の展開を期待したところで今回も現実に引き戻されてしまう。

今回「白ウラーザくん」が教えてくれた裏技は、ビニール袋の中で細かく砕いた卵の殻を汚れている部分に振りかけスポンジでこするというもの。「ウラーザくん見て、ピカピカ!」と喜ぶ「わたし」が振り向くと、そこにいたのは服を脱ぐ「白ウラーザくん」! そして、当たり前のような顔で「風呂きれいになったから入ろうかなって、ダメ? 一緒に入ろうよ」と誘うのだ。突然の出来事に動揺を隠しきれずモジモジしていると、今回もまた「ウラーザくん」は姿を消してしまうのであった。財木演じる「ウラーザくん」に対し、Twitterでは「やばいくらいドキドキしたよ」「(財木が)ちょっと照れてるのか、表情が若干硬いのも可愛い」「やっぱかっこいい」などの声があがった。

次回「ウラーザくん」を演じるのは、2016年に公開された映画『仮面ライダーアマゾンズ』で主演を務めたイケメン若手俳優の藤田富だ。唇に関するある悩みを解決する。「ウラーザくん」のキス顔が見られるかも!? ドキドキな展開に期待大だ。

【文:牛窪 梨花】
この記事を共有する