読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

コナンのあざとかわいい名演技にくぎづけ!『名探偵コナン』

2018.05.07

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の5月5日放送回「密室の謎解きショウ」では、江戸川コナンが私立探偵・毛利小五郎を守るために見せた演技に「大物俳優並み!」「最強の猫かぶりだw」と感動の声があがった。

コナンと小五郎は、ある廃研究所にいた。そこには、依頼主の不動産屋社長と秘書、事務員、他に3人の男女が集まっていた。依頼主は数日前に殺害予告をされ、犯人を見つけて欲しいと小五郎に依頼。その廃研究所に、依頼主への恨みを持っている疑わしい3人を呼び寄せたのだ。小五郎は犯人と思われる人物を追い詰め始める。しかし、推理に間違いがあったためコナンは小五郎に向けて麻酔銃を発射。“眠りの小五郎”として事件の真相に迫る……というストーリー。

この事件の真相はテレビ局によるドッキリで、依頼主を含めた人物は劇団員とテレビ局関係者ということで終わるはずだった。しかしテレビ局関係者を名乗っていた人物は、小五郎を逆恨みしており、殺害しようと企てて廃研究所に全員を閉じ込めたのだ。

逃げ出すことのできない状況で、コナンは眠ったままの小五郎を守りつつ犯人を撃退する時間をかせぐため“泣き”の演技を見せた。小五郎と犯人の間に割って入り「お願い! おじさんを殺さないで!」と叫ぶ。さらに涙目になって小五郎にすがりつくのだ。

その名演技にファンはTwitter上で「カワイイがすぎるだろ!」「コナン君の演技、すごすぎ、怖すぎw」「コナン演技力あげたな……泣いたわ」「画面の前で崩れ落ちた」などとつぶやき、くぎづけになっていたようだ。

さらに世界的に有名な伝説の美人女優・工藤有希子が母親であることにも触れ「さすが有希子の子」「女優の息子の本気w」「母親譲りの演技力と美貌がいかんなく発揮されてた!」と納得の声もあがった。

5月12日放送の「妃弁護士SOS(前編)」では、小五郎の別居中の妻・妃英理がピンチに!?  劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」同様、毛利家の絆がためされる内容となりそうだ。これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する