読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

「地下でライブを一杯やってきてよかった」 ダウンタウンDXに真空ジェシカが初登場!

2022.03.17

「地下でライブを一杯やってきてよかった」 ダウンタウンDXに真空ジェシカが初登場!
©ytv
独特なワードセンスで話題沸騰。今、最も勢いのあるお笑いコンビの1つ、真空ジェシカ。M-1グランプリのファイナリストとなり、テレビなど各メディアで大活躍だが、彼らもかつては“地下芸人”と呼ばれていた。

今回、そんな真空ジェシカが『ダウンタウンDX』に初登場するというので、番組収録直後にインタビューを行った。地下でもテレビでも、舞台が変わっても変わらない、二人のスタイルとは?

【取材・文 : 森脇征大】


真空ジェシカは、まだ地下から出られていない⁉

――ダウンタウンDX初登場ということですが、収録を終えていかがでしたか?

川北 : まぁでも、ダウンタウンさんとは毎月、リアル脱出ゲームに一緒に行ってるんで…。

ガク : ウソつくな(笑)。

川北 : 一緒に脱出した仲間として、“絆”みたいなものが見えてたと思います。

ガク : 一個もなかったよ!扱いにくそうにされてたよ(笑)。“元・地下芸人”ということで出させていただいたと思うんですが、僕らだけまだ“地中”にいるな…と(笑)。

川北 : …それは脱出ゲームで、地下から脱出できてないと?

ガク : ちがうよ!かけてねぇーよ‼ 僕らは、たまたま歩いてたら日が当たっただけで、脱出した人ではないんで。こんな機会、なかなかないんで、楽しかったです。

――緊張とかしませんでした?

川北 : いやでも、そんなにしませんでした。脱出ゲームの時の方が緊張しました。

ガク : なんでだよ!プライベートでなんで緊張すんだよ!

川北 : 浜田さんが厳しいから…。

ガク : どういう風に?(笑)

川北 : 「お前、ボタン押せよ!」って。なんか、色の順番とか、「はよせぇ!はよせぇ!」って。浜田さんは脱出がしたいだけで、攻略を楽しむ人じゃない。

ガク : 何の話をしてんだよ!

――浜田さんは収録を巻き(=早く進行し)がち、と松本さんがネタにもされていますが、川北さんとのプライベートでもそうなんですね?(笑)

川北 : (浜田さんは)収録も脱出ゲームも一緒。

ガク : なんで脱出ゲームが基準なんだよ!…でも収録時間がとても短くて、びっくりしました。こういうのって、だいたい押すものと思っていたんですけど、思ってたより30分くらい短くて、そんなことありえるんだ、って(笑)。

――“M-1”で松本さんとはお会いされていますが、基本的にはダウンタウンさんとは初対面ということでしたが、いかがでしたか?

川北 : 脱出ゲームの時と全然違って、めちゃめちゃプロの顔でした。

ガク :  めちゃめちゃお優しくて、びっくりしました。前室でも、結構お話をされてたりして。

川北 : 脱出ゲームの時は、本当におじいちゃんなんで。

ガク :  ないよ!ダウンタウンさんにそんな瞬間‼
©ytv

契機は“M-1”、だけじゃない⁉

――活躍の場が増えてきていますが、契機はやっぱり“M-1”だと感じていますか?

ガク : 完全にそうですね。

川北 : 僕は、大久保佳代子杯。あれで優勝してから。

ガク : 人力舎でズームでやった大喜利大会で、大久保さんが優勝者をご飯に連れて行ってくれるっていうライブだったんですが、優勝した後にこいつ、「ご飯食べに行くよりも現金が欲しい!」って、金貰って帰った、っていう大会です。

川北 : それから風向きが変わりました。

ガク : それじゃないです。それで大久保さんにも嫌われたし(笑)。完全に“M-1”です。

――“M-1”のネタ、個人的にはジャイロ回転の話で、江夏だけじゃなく川尻も出てきてツボでした(笑)。お二人は世代も違うと思うのですが…?

川北 : 野球はそこまで詳しくはないんですが、好きなので。審査員にナイツ
の塙さんがいらっしゃったんで、最悪塙さんは笑ってくれるはずだ、と。そしたら、本当に塙さんしか笑わなくて、最悪でした。

――“M-1”後は、周りの対応も変わってきましたか?街で声をかけられたりとか?

川北 : 僕はあんまりないですが、こいつはあると思います。

ガク : 僕は見た目が。マスク以外のとこに全部特徴があるんで。ありがたいことに声かけていただける機会が増えました。


テレビも劇場の延長線上

――最近はテレビにもよく出られていますが、大切にしていることはありますか?

川北 : ちゃんと挨拶には行こうと思っています。

ガク : 挨拶さえすれば、本番どれだけ迷惑かけても良い、ではないからね!

川北 : ちゃんと挨拶するんで【関西芸人Hさん】にも僕は怒られないんで。

ガク : 僕が怒られてんだよ!(※詳しいエピソードは放送をご覧ください!)

――劇場での漫才とテレビに出ることに違いはありますか?

川北 : あんまり変わんないのかな。

ガク : (劇場の)延長線上にあるというか、地下でライブを一杯やってきてよかったなと思うことの方が多いです。

――大切なことは、あまり変わらない?

ガク : …まぁそのままやり過ぎて、それが悪い風に転んでるっていう(笑)。

川北 : ええ、(劇場もテレビも)同じだと思ってます、はい。全然違うのかもしんないですけど。

ガク : 良いからやっている、というより、そのままやり続けていて、それがどうなのか、と(笑)。

――最後に、今回のダウンタウンDXの見どころをお願いします。

川北 : ザコシショウさんがやった【下ネタ過ぎるネタ】(※放送をご覧ください)の後、僕が珍華鏡(チンゲキョウ)っていう、万華鏡のオスを披露してるんで、そこを注目して欲しいです。

ガク :  万華鏡はメスじゃないからね!そもそも、やってないからね!
©ytv

【真空ジェシカ プロフィール】
ガクと川北茂澄のお笑いコンビ。M-1グランプリ2021ファイナリスト。独特なワードセンスで人気沸騰中。プロダクション人力舎所属。
この記事を共有する

連載記事

人気タグ