読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

“いいね”だけ推理が白熱!?ファンが楽しむ『名探偵コナン』は一味違う!

山田奈央 2019.07.01

“いいね”だけ推理が白熱!?ファンが楽しむ『名探偵コナン』は一味違う!
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)6月22日放送の「いいね。の代償(後編)」は、多くの人が使っている“SNS”がカギとなる物語。前編と合わせ、タイトル通り“いいね”の数が話題になるが、そこはコナンファン! 一味違った楽しみ方をしていたようだ。

江戸川コナンは、少年探偵団の円谷光彦、吉田歩美、灰原哀とともに病院に搬送されたという小嶋元太のお見舞いに行く。大部屋には元太と同じように事故に巻き込まれた人たちがいた。その中には、元太をかばって腕に怪我をしてしまった男性がいた。しばらくして、男性のもとに見舞客の男女がやってくるが、なぜか3人はうれしそう。男性の写真を撮りSNSにアップし始めた。男性は半月前、道を歩いている時に工事現場の不発弾の爆発に巻き込まれており、工事業者から相当な見舞金をもらって借金を一気に返済。見舞客の男は爆発に巻き込まれた男性をネタにした写真をSNSにアップして、たくさんの“いいね”をもらっていた。見舞客の男がアカウント名を明かすと、反対側のベッドにいた人物が不審な反応を示して……というストーリーの解決編。

犯人となる男のアカウントには、命を狙われていた男性が写った投稿が2つある。1つ目の“いいね”は『4649』、2つ目は『4869』から時間がたって『4989』へと数が増える。一般の人のアカウントとしてはなかなかの数だが、ファンの推理はここでも白熱!

Twitter上では「『4869』ってシャーロックじゃない!? 粋だね!」「『4869』って小さくなるあれ(APTX4869)を思い出す……」「『4989』、四苦八苦に変わってるのジワジワくるw」「『4989』よく吐く、だから自白したのかな?」「こういう細かいの大好き!」「最初のは何だろう? 『4649』ヨロシク?」といったように、語呂合わせで何かメッセージがあるのではと楽しんでいたようだ。

ちなみにAPTX4869自体も開発コードの語呂合わせでシャーロック・ホームズ。また薬が試作の段階であることから、黒ずくめの組織に所属している人間からは「出来損ないの名探偵」の通り名で呼ばれているというのはファンの間では有名な話だ。

7月6日の放送は『THE MUSIC DAY 2019 ~時代~』のためいったんお休み。アニメ『名探偵コナン』で数々の主題歌を務めている倉木麻衣がメドレーを披露するということで、コナンも「俺も歌おうかな!」というほど楽しみなよう。しかし視聴者からは「やめとけ」「音痴でもかわいいけどね……うんw」「何人か気絶しちゃうから……」などと必死で止める様子がうかがえた。

次回の放送は7月13日「呪いの宝石ボルジアの涙(前編)」。呪いで災いが!? コナンは推理でどう切り抜けていくのか?

【文:山田 奈央】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する