読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

シャロやんの浴衣姿にメロメロ…安藤なつの浴衣姿にはお相撲さん感が

2017.08.18

8月17日、伊藤淳史主演の読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜夜11時59分〜)の第7話が放送された。今回、数々のドラマで主演を務めるシャーロット・ケイト・フォックスが浴衣姿を披露し、「美しすぎる」「可愛くて綺麗で様になってる」「凄く似合ってた」と話題になっている。

伊藤演じる折茂圭太はアパレル会社「エグザルトン」で働く冴えないサラリーマン。ある日突然、脳にスマホが埋め込まれた”スマホ人間”に大変身。他人のスマホ画面を覗き見できる能力を使って、社内で起こる問題を様々に解決していく。前回のラストで、何者かから圭太に「お前がスマホ人間であることは、知っているぞ」という脅迫メールが届いた。困っている人を放っておけない圭太の行動は確かに目立つ。そのことで新たな問題が引き起こるのではと注目が集まっていた。

今回、ゲスト出演したシャーロットは、モデルで海外ブランドのデザイナーをしているスーパーウーマン、フローラ・キャンベルを演じている。フローラはエグザルトンとコラボ契約するため来日したが、突然の逃亡でエグザルトン社長・黒部仁(岸谷五朗)を激怒させる。逃亡先で偶然出会った圭太と翻訳アプリを使って仲良くなり、いっしょに浅草で人力車に乗るなど楽しい時間を過ごす。そんな中、黒部社長は「何が何でも連れてこいって先方に言っといてくれる?」と怒り心頭。フローラのSPたちは都内を探しまくり、ついに発見。圭太はフローラを無理矢理に連れ去ろうとするSPと戦うことになってしまう。

そこで活躍したのが、まさかのバイブ機能だった。全身が小刻みに揺れる怪しい動きでSPの膝に座るという攻撃でその場を逃げ切るのだ。これにはTwitter上で「気持ち悪いw」「ヤバい、こんなん笑うわ」「B級ドラマ感がえぐいほど好き」などと笑いを誘っていた。

その後、圭太を通じて、同社のパタンナーである石野柳子(新川優愛)と安田部々香(安藤なつ)もフローラと知り合い、彼女たちは浴衣で花火をして日本の夏を満喫する。これに対してTwitterでは、シャーロットの浴衣姿に「美しい」との声が出る一方で、安藤なつの浴衣姿には「おすもうさんがいる」「なつさんの浴衣姿がなんか親方に見えて仕方ない」「ひとり、関取が混じってる」「安藤なつが完全に関取」などとツッコミの声があふれた。

さらにその後フローラが逃亡したわけが明らかとなり、事態は思わぬ結末を迎える。そして、フローラの逃亡を助け、また勇気づけたのも圭太だと知った黒部社長は、虫の好かない圭太に対して今後どんな行動に出てくるのかが注目される。

次回は、圭太と同じ部署の栗山五月(篠田麻里子)が不倫の末、問題を起こす。見逃せない。

【文:牛窪梨花】
この記事を共有する