読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

“オートマティック”?家族を襲う悲劇にファンの推理が冴える『名探偵コ ナン』

山田奈央 2020.12.14

“オートマティック”?家族を襲う悲劇にファンの推理が冴える『名探偵コ ナン』
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)12月12日放送の「オートマティック悲劇 (前編)」では、そのサブタイトルと登場人物の怪しげな言動に多くの推理が飛び交った。

毛利探偵事務所にやってきた男性の依頼は、父親が殺害された事件の犯人を見つけてほしいというもの。事件は先週の水曜日に自宅で発生。一人でいた父親が何者かに頭を殴打され亡くなり、現金30万円ほどが盗まれた。10日経った今も、犯人はまだ捕まっていないという。男性はある事情で家出を計画していたため、事件の日、在宅しているはずの時刻に家にいなかった。そのせいで強盗に入られたのだと考え後悔しており……というストーリー。

悲しみに暮れる家族だが、何かを含んだような言動が多い。また、怪しげな女性も周辺をウロウロしており関係があるのかないのか?

Twitter上では、今回のサブタイトルと合わせて「どこまでも悲しいにおいがするんだけど……」「お父さんの状態ってアレじゃない?」「家族が口裏を合わせてるように見えてしまう」「誰かが仕掛けてた何かに引っかかったのかな?」といった様々な考察がされた。

悲劇が“オートマティック”である理由とは……? 果たして誰の推理が当たるのだろうか?

【文:山田 奈央】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する