読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

世界初のプロ格闘ゲーマー夫婦 「ストV」の究極技を披露!

2017.11.23

毎回レアすぎるワケあり人が登場する「ワケあり!レッドゾーン」。10月22日にオンエアされたのは「ワケありバトル夫婦」。世界初のプロ格闘ゲーマー夫婦である、ももちさんとチョコさんの2人がスタジオへやってきた。プロの格闘ゲーマーと聞いたMCのライセンス・藤原一裕、井本貴史、NMB48・渋谷凪咲は「ゲーマー?」「プロ?」とよくわからない様子。ゲームで生計を立てていると聞き、「夫婦でゲームやってお金もらえる!?」「子どものころあんなに怒られたのに!?」と思わず声を上げる。ネット上でも「格ゲーにプロとかあるんや」と、同じように驚いたという書き込みも見受けられた。

ご夫婦は格闘ゲーム「ストリートファイター」専門のプロゲーマーとのこと。アメリカを中心に盛り上がっているという格闘ゲーム大会は、大きなものになると賞金が数千万円になることも。学生時代から格闘ゲームにハマったという2人。妻のチョコさんは2010年レディース大会で優勝、夫のももちさんは全国大会を二連覇したあと、2014、2015年には2年連続で世界チャンピオンになるなど、素晴らしい活躍を見せているそう。そんな2人が昨年結婚したことで、世界初のプロ格闘ゲーマー夫婦となったというわけ。この未知の世界にMCの3人も興味津々で、まずは賞金などについて質問。世界大会で優勝すると2,000〜3,000万円の賞金が出るほか、所属しているチームから給料も出ると聞き、井本は「なんぼ?」と素で質問。その金額に「スゴイな〜」と驚きを隠せない。

そしてまずはスタジオでそのテクニックを披露することに。目隠しをしてMCの3人と対戦すると聞いた藤原は「ナメやがって!」とやる気十分。第1ラウンドは渋谷vs奥様・チョコさん。惜しいシーンもあったものの、結果は渋谷のK.O.負け。「周りの声が大きくて音が聞こえなかった」とチョコさんが少し苦戦した理由を話すと、藤原はももちさんとの対戦で開始直後から妨害のための叫び声を上げ続ける。結果はなんと藤原の勝利! 思わず井本がももちさんに「何してんの!」とツッコみを入れるひと幕も。続いて行われた目隠しハンデなしの対戦では、ももちさんが意地を見せ、パーフェクト勝利を収めた。そのあと行われた夫婦での超ハイレベルバトルにスタジオも盛り上がる。

ほかにもプロ格闘ゲーマー夫婦の1日に密着し、貴重な練習方法のシーンが公開されたほか、夫婦が格闘ゲーム界のためにと弟子を育てていること、さらに会社を立ち上げ、格闘ゲームが楽しめるスタジオを開設したことも紹介。そこで友だちができたという若いゲーマーもいるなど、新しい世代の憩いの場となっているシーンも見られた。ネット上でも、プロゲーマーは新時代の仕事という意見や、以前同じゲームにハマっていてテンションが上がったという書き込みがあるなど、ゲーム好きの注目を大いに集めていた。

【文:佐野 興平】
この記事を共有する