読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

中村秀香アナが30年前から続くエグいytvあるあるを激白!読売テレビアナウンサーチャンネル【アナかる】

2021.08.12

中村秀香アナが30年前から続くエグいytvあるあるを激白!読売テレビアナウンサーチャンネル【アナかる】
©ytv
YouTubeに開設中の「読売テレビアナウンサーチャンネル」の人気企画のひとつ【アナかる】。箱の中から、ひらがな一文字が書かれたピンポン玉を引き、その文字から始まる「ytvアナウンサーあるあるかるた」をつくる。今回は2019年10月31日、当時は『ytvアナウンサー向上委員会 ギューン↑』のYouTubeチャンネルとして公開された記念すべき第1回、諸國沙代子アナウンサーと中村秀香アナウンサー、澤口実歩アナウンサーの3人による【アナかる】の一部始終をご紹介! すべての原点がここに!?
-----------------

澤口実歩アナウンサー(以下、澤口)さあ、始まりました!「ギューン↑」のYouTubeチャンネルです。今日のメンバーはこちら!
諸國沙代子アナウンサー(以下、諸國):読売テレビアナウンサー、諸國沙代子と。
中村秀香アナウンサー(以下、中村):同じく読売テレビアナウンサー、中村秀香と。
澤口:澤口実歩です。よろしくお願いします!
諸國・中村:よろしくお願いします!
澤口:なんか、この入りでしたっけ、いつも(笑)?
諸國:いや、最初のテンションに合わせたよ(笑)。
澤口:すいません。高めからいっちゃいました。
中村:楽しい企画、あるんでしょ?
澤口:そうなんです。今日の企画はですね「ytvアナウンサー あるあるかるた」~!
3人:イェーイ!
©ytv

澤口:この箱の中にはですね。ひらがな一文字が書いたピンポン球がたくさん入っています(と、ひとつ取り出す)。
諸國:これ、「に」?
澤口:「に」ですね。つまり50音すべて入っているんですけど、私がこうやってランダムに引いた、この文字を頭文字として、かるたを作ってもらいたいと思います。
中村:なるほど。あるあるだよね。
澤口: そう。タイトル通り、アナウンサーあるあるで作ってほしくて。アナウンサーとしてでもいいですし、身内の、ytvとしてのあるあるでもいいですし。自由な発想でかるたを作って、まあ日本語なので50音ありますよね。
中村:そうだねえ。
澤口:50個できるということです。
諸國・中村:おもしろい!
澤口:というのを今日は第1回、やっていきたいと思います。
諸國:できるかなぁ?
中村:じゃあ、最初の一文字目だ。
澤口:記念すべき第1回。頭文字はこちら!

  ※と澤口アナ、箱からピンポン玉をひとつ取り出す

澤口:『へ』!

諸國・中村:へ~??
中村:難しい!
澤口:1回目から難しいの引いちゃいました!
©ytv

澤口:じゃあ、シンキングタイム、スタート!
諸國:真剣に普通に考えればいいんだよね。
澤口:普通で……。

  ※3人、考え中

諸國:えー、書き進めてる……二人とも。
澤口:えへへへ。よし。
中村:書けました。
諸國:書きました! これ、どういうふうに発表していくんですか?
澤口:どうしましょうか? 1回目、大切ですからね。
中村:1人ずつ見ていこうか?
澤口:そういう感じにしましょうか?
諸國:あー、OK。

■必死にやった結果-100点の大失敗だからおもしろい!

©ytv

  ※諸國アナ、かるた披露

諸國:アナウンサーあるある、こちら!「へっくしょんNG!」

澤口・中村:アハハハハハ!
澤口:まあ、確かに。
中村:そりゃ、そうだ! 確かに放送中とかですよね。
諸國:たまにくしゃみしたくなる時……。
澤口:あるー!
中村:わかる……。でも、放送前はけっこう「う~ん(くしゃみをするときの動作)」ってなってても、放送始まったらスッと治ったりしません?
諸國:そう! なんでだろうね? 不思議!
中村:緊張感なのか、なんなのか。
諸國:しゃっくりとかも直前までしてて、でも放送になったら止まっていたり。
中村:めっちゃわかります。変なパワーがちょっと出てますよね。
諸國:だけども、咳とかはたまに……。
澤口:出ますね~。
諸國:だから、いかにこう、マイクをこう(遠ざけながら)ゴホゴホ、みたいな。
©ytv

澤口:わかるわかる。
諸國:これはアナウンサーあるあるかなと思います。
中村:確かに確かに。
©ytv

※中村アナ、かるた披露


中村:「へびを首に巻きつける。特に1年目は」

諸國:アハハハハハ!
澤口:どういうこと!?
諸國:巻きつけてた~!
中村:巻きつけてましたよね。本当にあれ、初めてのロケじゃないかぐらい、ロケ初心者ぐらいの時に。1年目の10月だったかな……。爬虫類カフェに連れていかれて、すんごいでっかいヘビを首に巻き付けて、平気な顔で「あ、カワイイ」みたいな(笑)。
©ytv

澤口・諸國:アハハハハハ!
中村:言わないといけない、みたいなロケがあって。
澤口:これはあるあるなんですかね?
諸國:「特に1年目は」で、あるあるかな?
中村:ytvは(笑)。
澤口:やった覚えないけどな~(笑)。
中村:やらなかった?
澤口:やってないですよ!
諸國:え~、でもいろいろやったでしょ。ゲテモノとか。
澤口:あ~たしか、コオロギ食べたりとか(笑)。
©ytv

  ※澤口アナ、かるた披露

澤口:「へいきん点での成功より、-100点の大失敗!」

中村:おお~、いいこと言うじゃん!
澤口:これは「ギューン↑」で学んだんです。
諸國:あ~。
澤口:平均点だと使われない。
諸國・中村:アハハハハハハ。
中村:そうだよね。普通の仕事だったら、まともなほうを選ぶはずが、こっちでは失敗をなぜか好まれるっていう。
澤口:失敗だけをチョイスしてギュッと編集されるんで。もう失敗しかしてないっていう。
中村:めっちゃ共感できるわ。
澤口:でも、それが正しいのかな? って思っちゃっているんですけど、正しいですかね?
諸國:ただ、全力でやった上での失敗だからだと思うんですよね。手を抜いてやっての失敗じゃなくて、一生懸命、全力をつくして必死にやった結果の-100点の大失敗だからこそおもしろいんだと。
澤口:確かに。
諸國:だから、こっちから狙うものでもないし。
澤口:そうですね。まあ、全力やりきるってことなんですかね。
中村:めっちゃいいこというじゃん。
澤口:ありがとうございます。
中村:「ギューン↑」で学んでいるんだね。向上しているよ。
澤口:向上していますかね? これを大事に「ギューン↑」で私はやろうかなと思っています。
中村アナ:素晴らしい(拍手)。
澤口アナ:ありがとうございます。
諸國:「(かんさい情報ネット)ten.」では?
©ytv

澤口:「ten.」では、平均点狙いで(笑)。
3人:アハハハハハハ。
中村:それ正しいと思う(笑)。

■大先輩が乱入! あるあるの決定的証拠を裏付ける

©ytv

澤口:メンバー1人ひとりがこうやって出していくんですが、ひとつに決めなければいけないんですよね。
諸國:あ、そうなの?
中村:全員のは採用されないんだ。
澤口:最終的には50音のかるたを作りたいので、かぶっちゃったらよくないので。
中村:難しいね。
植村なおみプロデューサー(以下、植村):実は私も、入った年にヘビ巻き付けていました。
3人:あーー!
中村:聞きました今!? 植村先輩、大先輩!
©ytv

植村:私も入社した時、ヘビ首に……あ、訛ってしまった(笑)。久しぶりにしゃべるんで。ヘビ首に巻き付けました。
3人:え~!
植村:あるあるです、それは。30年前もやりました!
中村:本当ですか!?
澤口:皆さん聞きましたか!
諸國:これ強烈な……強烈な援護射撃があったね。
中村:裏付ける証拠がありましたよ!
澤口:どうしましょうね。
諸國:じゃ、ここにいるみんなで投票する?
澤口:スタッフも含め。
中村:そうしましょうか。数えよう、それで。
澤口:数えますか。

 ※というわけで、認定かるたを決定

中村:エントリーナンバー1、諸國沙代子アナウンサー。
諸國:「へっくしょんNG!」挙手をお願いします!

 ※挙手3名
諸國:これ、らしいなと思ったのが……音声さんが(笑)。困りますよね、へっくしょん。
©ytv

 ※音声さん、うなずく。

澤口:それでは、中村アナの「へびを首に巻きつける。特に1年目は」が、いいと思う人! 挙手をお願いします。

 ※会場、挙手。

3人:ええーーーー!
澤口:すごーーーーい!
諸國:1、2、3、4、5、6、7、8!
澤口:この時点で中村アナに決定!
中村:まさかでしたね……。
諸國:いいなー。
中村:誰も入れてくれないだろうからって、私、自分で(手を)挙げたんですよ。
澤口:と、いうことで……。
諸國:ダントツ!
©ytv

澤口:ytvアナウンサーあるあるかるた、略して【アナかる】、第1回はこちら!「へびを首に巻きつける。特に1年目は」に決まりました~!
諸國:わーー、おめでとう!

 ※会場、拍手。

【書き起こし:井出尚志】

【新企画】「アナウンサーのあるあるカルタ」を作ったら楽しすぎた!!

この記事を共有する

連載記事

人気タグ