読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

クラウドファンディングで目標額達成!究極のオリジナルカップ焼きそばを作りたいワケあり人!

2018.03.04

毎回、何かに強烈なこだわりをもった「ワケあり人」を紹介する番組「ワケあり!レッドゾーン」。
今回登場した「ワケあり汁無し男」こと横川毅さんは、汁無しカップ麺の「カップ焼きそば」が大好きでこれまで500種類以上食べてきた「カップ焼きそば男」。東京・赤坂のレストランを始め、六本木や品川などで、人気飲食店をいくつも経営しているという横川さんは、小さなころからカップ焼きそばが大好きだったそう。しかし、具材や種類、味も豊富なラーメンやうどんに比べて、汁無しカップ焼きそばは売り場も小さく、具材はキャベツくらい、一体なぜなんだろう…という疑問がある日頭に浮かんだ。そこで4年前からカップ焼きそばの地位向上のため、世界のカップ焼きそばを食べまくり、ブログにアップする作業をスタート。さらに、カップ焼きそば愛が高まりまくった結果、理想のカップ焼きそばを作ってしまうという驚きの行動に出たのだ。

最初は大手メーカーのお客様相談室に電話したものの、門前払いでしたと横川さん。「自分の食べたい理想のカップ焼きそばが作りたいんですが…」って電話がかかってきたら、お客様相談室の方も絶句して当然といえよう。そんな中、静岡県の渡辺製麺さんの対応は違っていた。なんと相談に乗ってくれただけでなく、打ち合わせ、試作を繰り返すところまで話が進み、遂に理想のカップ焼きそばを完成させることに成功したのだ。しかし、最低でも一回作るのに5,000食、250万円ほど費用がかかるとのことで、実はまだ発売はしていないと横川さん。クラウドファンディング で支援者を募集中という、その名も「究極のカップ焼そば」を、スタジオで試食することになった。(なお、このクラウドファンディングは、現時点ではすでに目標額の250万円を見事達成して終了している。)

中身は、こだわりの超極太麺、通常の2倍のキャベツ、レトルトの豚肉、魚粉、鰹節、揚げ玉、青のり、紅しょうがというもの。ソースは粘度が高く、濃い甘口を使用する。「あまり混ぜずに食べれば、それぞれの風味と食感を残したまま、口の中に入ってきます」という横川さんのアドバイスを受けたMCのライセンス・藤原一裕、井本貴史、NMB48・渋谷凪咲が、この究極のカップ焼そばを試食。…すると、ひと口食べた途端、藤原と渋谷が横川さんに握手を求めた。「めっちゃうまい、インスタントじゃない!」と藤原が唸ると、渋谷も「めちゃくちゃ仕上がってます!」と同じく驚く結果に。

原価を考えずに作ったところ、価格は1個600円(12個セット&24個セットで販売)になってしまったとのことだったが「600円でも買う!」「コンビニに並べへんかな」とMC陣は絶賛。ネット上でも「行動力ありすぎ!」「何者!」という驚きの書き込みに加え、実際にクラウドファンディングのパトロンになったという声も上げられていた。

さらに番組では、横川さんおすすめのご当地カップ焼きそばがスタジオに多数登場、試食が行われたほか、全国勢力図や歴史が紹介されるなど、カップ焼きそばについての興味が深まる&高まる内容になっていた。視聴者も深夜のカップ焼きそばに鋭く反応。「うまそう」「カップ焼きそば食べたくなってきた!」「明日早起きして焼そば食いに行く」など、やはり食欲を刺激されたという意見が数多くアップされていた。

【文・佐野 興平】
この記事を共有する