読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

『名探偵コナン』で10年前との間違い探し!?あの人の“髭”にファン大興奮!

山田奈央 2020.04.13

『名探偵コナン』で10年前との間違い探し!?あの人の“髭”にファン大興奮!
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)4月11日放送の「さざ波の魔法使い(後編)」は2017年11月に放送されたストーリーのデジタルリマスター版。赤井家の赤井秀一、羽田秀吉、世良真純、メアリーが、工藤新一と初対面したときの物語だ。舞台は10年前ということで、いつも見ている『名探偵コナン』とは少し違った部分があり、ファンの間違い探しが白熱した。

10年前、渡米中の大学生・秀一は一時帰国し、弟の秀吉、妹の真純、母親のメアリーと海水浴に来ていた。そこに水着姿の工藤有希子がやってきて、息子の新一と、一緒に来ていた友達の毛利蘭を「見ていないか?」と尋ねる。どうやら見失ってしまったらしい。入れ違いに新一が現れ、いきなり秀一のことを「お兄さんの正体はピエロだ!」と推理し始める。幼い新一の推理は的外れだったが、この一件で赤井家と仲良くなるのだ。そのとき、近くで車がガードレールをぶち破り、崖から海へと突っ込んでいった。新一たちはそれを目撃し、事件に巻き込まれていく……というストーリーの解決編。

10年前ということで、新一、蘭、真純は小学生。小さくかわいらしい姿に視聴者はメロメロ。一時はTwitterのTLが「世良ちゃん、かわいい!」で埋め尽くされる事態となった。そんな中「有希子はいつ見ても変わらぬ美貌」「赤井さん変わらなすぎじゃない?」「スマホ使ってんだけど! え、いつの間にか有希子の歳越した…?」と、現在と10年前を比較したつぶやきが飛び交った。

中でも盛り上がったのが、新一の父親・工藤優作についてだ。現在の優作は、ダンディな口ひげが特徴。しかし10年前は、それがなく顔立ちも若々しい。「なんか違和感と思ったら、髭か!」「まんま新一w」「やだ…髭なくてもカッコいい…」「優作の髭はいつから発生したんや…!」と“髭”にファンは大盛り上がり! 推理力だけではなく、顔立ちでも優作と新一の親子関係を感じるエピソードとなったようだ。

【文:山田 奈央】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する