読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

和田颯のからみ合う指に「エロッ!!」の声『ウラーザくん2』

2018.03.23

WEBオリジナルショートドラマ『私の守護神ウラーザくん2』の第5話が3月17日(土)に配信され、主人公「わたし」のピンチを裏技で解決する「ウラーザくん」を“麗しの王子様系男子”和田颯(Da-iCE)が演じた。ヒロインの「わたし」と指をからめ合うシーンに女子たちが大喜び。Twitterでは「手の繋ぎ方えっろwww」「ニヤケが止まらんかった」などと話題になった。

「ウラーザくん」は、元AKBグループの野呂佳代が演じる「わたし」がピンチの時にだけ現れ、お役立ち情報で助けてくれるイケメン守護神。今回のお悩みのテーマは手のむくみ。これを、輪ゴムを使った方法で解決した。

ある日「わたし」が外れない指輪と格闘していると、「大丈夫?」と「白ウラーザくん」が現れる。「白ウラーザくん」は「ウラーザくん」の基本形で、甘く優しいワードとともに、いつも「わたし」の悩みを解決してくれる。

「白ウラーザくん」が紹介した裏ワザは、親指・中指・小指に輪ゴムをつけ、5回指を開いたり閉じたりするというもの。「そんな簡単にむくみが取れるの……?」と半信半疑の「わたし」だったが、試してみるとあれほど取るのに苦戦していた指輪がすぐに外れ、大喜び。

頼りになるウラーザくんにうっとりしていると、いつものように妄想の世界が膨らむ。目を閉じると、想像の中にだけ現れるクールでちょっと強引な「黒ウラーザくん」が横にいた。ここから、女子なら誰もが憧れるあのシチュエーションが始まる。「黒ウラーザくん」が突然目の前に膝まずいて「わたし」の左薬指に指輪を入れる。さらに、エロい目つきでこちらを見つめながら「冷たい手、俺が温めてやるよ」と、そのまま手の甲にキスをする。そして、2人はゆっくりと指をからませ合う……。これにはTwitterでも女子たちの妄想が止まらなかったようで、「耐えられないwww」「(この状況)嫉妬の塊なんだけど!」「和田ウラーザ、全然キュン止めできてないんだけどww」などの声があがった。

次回の最終回を飾るのは、『第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でフォトジェニック賞を受賞した“頼れるお兄ちゃん系男子”の財木琢磨だ。これまでキュン止めに耐え続けた甲斐があり、ついにプロポーズへ!? ラスト、どんなシチュエーションで楽しませてくれるのか、注目だ。

【文:牛窪 梨花】
この記事を共有する