読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

ある人物の行動に謎と視聴者の怒りや悲しみが渦巻く!アニメ『名探偵コナン』

2021.07.19

山田奈央
ある人物の行動に謎と視聴者の怒りや悲しみが渦巻く!アニメ『名探偵コナン』
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)7月17日の放送は、「山菜狩りとクローバー(後編)」。ある人物の行動に、視聴者の様々な思いが渦巻いた。

小林先生、若狭先生の引率で、江戸川コナンたち少年探偵団は自然に触れ合う授業の下見のために群馬へ向かう。最寄駅で降りると、知人の元小学校教師の女性がいた。これから向かう山は、彼女が勤めていた学校でも過去に使ったことがあるということで案内をお願いしていたのだ。山菜採りの場所に到着すると、記念に車の前で写真を撮り、付近の野原で楽しい時を過ごすが……というストーリーの解決編。

今回は、四つ葉のクローバーを探す歩美が事件解決のヒントとなった。そんなクローバーを、最後に歩美は若狭にプレゼントしたのだが、若狭は受け取ってすぐに捨て、その様子をコナンは険しい表情で見つめていた。

それを見た視聴者はTwitter上で「歩美ちゃんがせっかくあげた四つ葉のクローバー!」「歩美ちゃんの想いを無下にするなんて!」「歩美ちゃんの優しさが飛んで行く……」と怒りや悲しみをつぶやいた。

一方で、「自分も幸せになる権利がないってことなのかな?」「クローバーって黒ずくめの組織に何か関係あるから捨てたんじゃない?」「コナンへのメッセージだったりして……」と、様々な推理も生まれた。

若狭は、登場時から声を務めているのがアニメ『うる星やつら』のラムちゃんの声優である平野文だったこともあり、黒ずくめの組織No.2『RUM(ラム)』候補として挙がっていた。すでに、ただの一般人ではないことが言動からわかっているが、過去には黒ずくめの組織のメンバーに対して人一倍警戒心の強い灰原哀が若狭のことを「好き」と発言することもあり、その正体は謎に包まれている。

視聴者が今回の行動の真意と、彼女の正体を知る日はいつになるのだろうか?

【文:山田 奈央】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ