読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

アニメ「名探偵コナン」視聴者の乙女心を奪ったのは初登場の”鑑識さん”!?

山田奈央 2019.05.06

アニメ「名探偵コナン」視聴者の乙女心を奪ったのは初登場の”鑑識さん”!?
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)5月4日放送の「危ない化石採集」では、化石採集にやってきた江戸川コナンたち少年探偵団と阿笠博士が事件に巻き込まれる。その際、現場にやってきた“鑑識さん”に「かっこいい!」との声があがった。

少年探偵団のコナン、円谷光彦、小嶋元太、吉田歩美、灰原哀は化石発掘を体験するため、阿笠博士に連れられて群馬にあるロッジ化石館にやってくる。展示している珍しい化石は海外から買い付けたもので、オーナーは来月もアメリカまで買い付けに行くと楽しそうに話す。そんな中、ジャーナリストが現れここで発見された珍しい化石の取材にやってきたという。そこに村長も合流するが、何やらオーナーと村長は怪しげな会話をしていて……というストーリー。

捜査にやってきた“ヘッポコ刑事”こと群馬県警の山村警部が、強烈なヘッポコぶりを発揮する中、注目を集めたのは“鑑識員”としかクレジットされない、いわゆるモブキャラだった。

“鑑識さん”は終始目元が隠れており、いまいち表情がわからない。しかし、山村警部やコナン達のそばにいて、鑑識の結果を逐一報告。Twitter上では「セリフめちゃくちゃ多いのに描かれた方がまさにモブw」「いい声なのに顔が見えない……」「鑑識さんに顔はないのか」「あれはイケメンだ(確信)」など「顔が見たい!」といった声があがった。

その願いは叶い、ストーリーの終盤、山村警部のとった自分で解決したかのような決め台詞とポーズに驚いたのか呆れたのか“鑑識さん”は顔を上げた。その瞬間「顔が見えたー!!!」「鑑識さん、イケメン!」「これはモブではない……」「めっちゃしゃべる、いい声、と思ってたら、顔もめっちゃよかった」「群馬県警ってこんなかっこいい鑑識さんいたの?」「山村警部とセットでお願いします!」などとつぶやかれ、視聴者の心をわしづかみにしたようだ。頻繁に登場する警視庁の所属ではないものの、かなりの登場回数を誇る山村警部。彼とともに再びこの“鑑識さん”が登場することはあるのだろうか。

5月11日放送の「姿を消した恋人」では、コナンが橋の上から濁流の中に落下!? いったいどうなってしまうのか……!

【文:山田 奈央】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する