読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

高木刑事が夏仕様!?さっぱりした姿に「髪切った?」と疑問が飛び交う

2018.07.24

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の7月21日放送回「川床に流れた友情」では、警視庁の巡査部長・高木刑事の変化にファンがいち早く気づき、驚きと疑問の声があがった。

江戸川コナンは、私立探偵の毛利小五郎、その娘・毛利蘭とともに川を渡るように座敷が設けられた都内の川床料理店にやってくる。川上に水車小屋のある自然豊かな場所にくつろぐコナン、小五郎、蘭。そこへ3人の女性が客としてやってきて、小五郎に気づき記念撮影を頼んでくる。写真撮影の後、女性3人は隣のテーブルで食事を始めるが何やら険悪なムードで……というストーリー。

その後、女性3人のうちの1人が川から遺体となって発見され、警視庁の刑事たちがやってくる。そんな中、捜査にやってきた高木刑事の髪がさっぱりしていたことにファンの視線が集中。Twitter上で「高木刑事、髪切った?」という言葉が多くつぶやかれた。その数は「TLがみんな『高木刑事、髪切った?』で笑ったw」という人が出るほどで、ファンの驚きと高木刑事の人気ぶりが一目でわかるものとなった。

その他にも「好青年感が増してる!」「5割増しで爽やか」「汗かいてるの?」「クールビズの一環?」と様々な感想と疑問が飛び交った。特にアニメ内でその理由が触れられることはなかったが、爽やかな高木刑事の姿はおおかた好評だったようだ。

7月28日放送「燃えるテントの怪(前編)」では、コナンと対立する黒ずくめの組織のNo.2でコードネーム“RUM(ラム)”候補として名前が挙がっている2人が登場するようだ。1人はコナンが通う帝丹小学校1年B組の副担任・若狭留美先生。もう1人は警視庁捜査一課管理官の黒田兵衛警視。黒田は若狭に興味を持っているような描写もあったため初対面の可能性もありそうだ。お互いの顔を見た2人はどのような反応を見せるのだろうか? これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する