読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

『半妖の夜叉姫』第38話は、犬夜叉ファミリーが念願の再会!! 一方、殺生丸は大ピンチ⁉

2022.01.13

『半妖の夜叉姫』第38話は、犬夜叉ファミリーが念願の再会!! 一方、殺生丸は大ピンチ⁉
©ytv
テレビアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜夕方5時30分~※一部地域を除く)の1月8日の放送は、第38話「東雲の麒麟丸」。
新年一発目の放送となった今回は、弐の章第2クールOP&ED映像が初公開! SixTONESが歌うジャジーな雰囲気の「共鳴」に乗せた、クールなOP映像。そして透明感に満ちた歌声のadieu歌唱の「穴空きの空」に、両親の衣装を彷彿とさせる着物をまとった三姫が印象的なED映像。どちらも何度でも見返したくなるような美しい映像だった。
そしてもちろん、本編のストーリーも見どころが超満載だ!

是露との戦いを終え、母・りんに会いに行こうとするとわとせつな。一方で、もろはは麒麟丸と対峙していた。奪われた黒真珠を取り戻すべく、「阿久留を連れてこい」という麒麟丸の要求を拒否して攻撃を仕掛けるもろは。戦いの気配を察知したとわとせつなも、彼女の元に駆け付けて加勢をしようとする。
すると、そこに殺生丸が参戦! 二人の獣王による天地鳴動の激闘が始まる。
とわたちも麒麟丸に攻撃するが、男同士の戦いに手出しされたことに麒麟丸は激昂。彼女たちに巨大妖火球を放つ! だが、そのとき、殺生丸が身を挺して彼女たちをガード! そして、驚く三姫を黒真珠の中に送り込んでしまう…。

黒真珠の中に迷い込んだ三姫が、そこで出会ったのはもろはの母・かごめだった!
14年間離れ離れだった時間を埋めるように、「もっと良く顔を見せて——!」と成長した娘をじっくりと眺め、涙ながらに優しく抱擁するかごめ。もろはの目からも喜びの涙がこぼれる。
その様子に、親子の対面を長らく待ち望んでいた視聴者も強く胸を打たれた様子。SNSには「もろはとかごめの再会シーン、号泣…」「きっとかごめも、14年間ずっともろはのことを想っていたんだろうなぁ」ともろはとかごめの愛情を感じ入るコメントがあふれていた。
そんな母子の再会の現場に、遅れて現れたもろはの父・犬夜叉。素直じゃない彼は、娘と対面したときにいったいどんな態度を取るのか? その様子は次回で注目したい!

また、三姫&殺生丸VS.麒麟丸の戦いも今エピソードの大きなトピックス。中でも、殺生丸の言動の数々が目を引いた。
「邪見さまに『りんを頼んだ』と言って戦いに向かう殺生丸さま…素敵…」「娘たちを守るために自ら盾になるなんてかっこよすぎる!」「家族のために自分を犠牲にするとは…殺生丸も変わったなぁ」と家族を気遣う振る舞いに心揺さぶられる声や、「麒麟丸を正論で煽る殺生丸…さすが大妖怪」とその威厳を感じるコメントが続出。
さらにあの殺生丸が、麒麟丸の大技で負傷する展開には、驚く視聴者も多かったようだ。「殺生丸大丈夫なの⁉」といった心配の声や、「あの殺生丸が簡単にやられるわけない!」と彼の強さを信じる声も散見された。
りんが助かったと思いきや、今度は殺生丸にピンチ到来。殺生丸ファミリーが4人で平和な時間を過ごせるのはいつになるのだろうか…?

そして、もう一人、今回注目を集めたキャラクターが理玖だ。
これまで、ずっととわのことを気にかけてきた彼が、ついに「『恋』という感情を知ってしまったんです」と、とわへの想いを明らかにしたのだ!
しかし、麒麟丸の分身である彼は、麒麟丸が倒されれば共に消えてしまう運命。本人はあっけらかんとこの世に未練を感じさせない様子だが、その健気さがまた哀愁を誘う…。
「なんとか理玖が助かる方法はないのかな?」「とわの愛で理玖を救って!」と、彼の無事を願う視聴者の姿も多く見られた。

是露との戦いが決着したものの、物語はまだまだ見逃せない展開が続きそうだ。

次回は、読売テレビ・日本テレビ系にて
1月15日土曜夕方5時30分から、
第39話「親子の再会」が放送!
※一部地域を除く

もろは&犬夜叉の対面や殺生丸の安否が気がかりだが、次回予告にはあの“子狐妖怪”が…!
『犬夜叉』の物語で犬夜叉一行と旅しつつも、『半妖の夜叉姫』にはずっと登場していなかった七宝が、ついに登場するのだろうか…⁉ 今から楽しみだ!

原作/高橋留美子「犬夜叉」(小学館 少年サンデーコミックス 刊)
Ⓒ高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

【文・後藤 悠里奈】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ