読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

佐藤刑事の視線にくぎ付け!? 大迫力の取り調べシーン!『名探偵コナン』

2018.09.10

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の9月8日放送回「モデルになった探偵団」では、アニメ『名探偵コナン』お馴染みとなっている警視庁の刑事たちが登場。中でも美しさと勇ましさから警視庁でマドンナ的な存在の佐藤美和子刑事に色々な意味でくぎ付けになる視聴者が続出した。

江戸川コナンは高木刑事に呼ばれて毛利小五郎、毛利蘭と共に米花町のある屋敷にやってくる。コナンは殺人事件の参考人になっていたのだ。高木刑事は1枚の絵をコナンたちに見せる。そこには湖を背景に立っているコナンと少年探偵団の小嶋元太、円谷光彦、吉田歩美が描かれていた。殺害されたのはこの屋敷の主人である洋画家。この日、弟子2人が訪ねてくる事になっていたが、その内の1人が湖でこの絵を描いていて、犯行時刻までに屋敷に来る事は無理だと話しているという。コナンはアリバイの証言をするため、高木刑事、元太、光彦、歩美とともに再び湖にやってくる……というストーリー。

容疑者の1人を取り調べることになった佐藤刑事。「僕はラッキーだなぁ。あんたみたいな美人の刑事さんに尋問されるなんてね」と余裕の表情だった容疑者が顔をあげると、そこには佐藤刑事の恐ろしい顔が……! 佐藤刑事が無言で睨みつけ続けていると、容疑者は勝手に嘘をついていたことを自白し始めた。

さげすむような佐藤刑事の視線に、Twitter上では「久しぶりの佐藤刑事……えぇ!?」「まって、あんな顔初めて見たよ」「怖い(ブルブル)」「佐藤刑事の目力が一番迫力あった」「怖い顔しても美人」「ある意味ご褒美!w」など様々な感想がつぶやかれた。Yahoo!の話題ツイートには“急上昇”で『佐藤刑事』が入るなど、その迫力に多くの人が目を離せなくなったようだ。

9月15日放送の「連れ去られたコナン(前編)」では、タイトル通りコナンが誘拐されてしまうようだ。コナンはこの危機をどのように脱出するのだろうか? これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する