読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

秀吉、秀一、メアリー、真純…『名探偵コナン』赤井一家の絆にほっこり!

2020.04.27

秀吉、秀一、メアリー、真純…『名探偵コナン』赤井一家の絆にほっこり!
©ytv
アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)4月25日放送の「太閤恋する名人戦(後編)」は2015年7月に放送されたストーリーのデジタルリマスター版。羽田秀吉のほか、沖矢昴(赤井秀一)、メアリー、世良真純が登場。赤井ファミリーのほほえましい様子に癒されるファンが続出した。

太閤名人の異名を持つ秀吉の名人戦が山梨で開催される。2日目の対局直前、秀吉は首なし棋士と名乗る犯人から「恋人の宮本由美を誘拐した」という脅迫状を受け取る。対局が始まると、秀吉は由美を救出するため、長考すると言ってタクシーで東京に向かう。秀吉は第一局と書かれた暗号文を解読して明治神宮へ行き、パワースポット巡り中のコナンたちと偶然会う。暗号が示していたのは加藤清正の井戸だった。事情を聞いたコナンは井戸の周りを調べ、犯人が残した第二局の暗号を見つける……というストーリーの解決編。

今回、恋人の危機と知り対局を途中で抜け出してきてしまった秀吉だったが、持ち時間終了の3分前、会場に到着。見事に勝利した。そんな様子を、それぞれ別の場所で観ていた沖矢(秀一)とメアリーはうれしそうな表情を見せる。

家族の活躍を喜ぶ姿にTwitter上は「ご機嫌なメアリーかわいい!」「沖矢さん、にっこり」「なんかあったかい気持ちになった…」「離れてても見守ってる感じがいいね!」といった温かいつぶやきで溢れた。

プロ棋士として大人気の秀吉、女子高生探偵として活躍している真純、FBI捜査官の秀一。それぞれ苗字も過ごしている場所も違う彼らだが、今回は短いながらも絆を感じるエピソードとなったようだ。

【文:山田 奈央】
読みテレ 公式SNSアカウント
この記事を共有する