読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

財木琢磨がプロポーズ!「一生味噌汁つくりたいw」と妄想が止まらない女子続出『私の守護神ウラーザくん2』

2018.03.30

WEBオリジナルショートドラマ『私の守護神ウラーザくん2』の第6話が3月24日(土)に配信され、『第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でフォトジェニック賞を受賞した“頼れるお兄ちゃん系男子”の財木琢磨が、出汁の代わりにあるものを使って味噌汁をつくる裏ワザを披露した。その中で、イケメン男子の財木だからこそ許される「昭和かよ!」とツッコミたくなるようなプロポーズが見られ、逆に女子たちのハートを掴んだようだ。

「ウラーザくん」は、元AKBグループの野呂佳代演じる「わたし」が困った時にだけ現れ、とっておきの裏技で悩みを解決してくれるイケメン守護神。

ある日、味噌汁をつくろうと食材を広げる「わたし」は、出汁を買い忘れたことに気づき撃沈する。すると、いつものように「白ウラーザくん」が現れる。「白ウラーザくん」は「ウラーザくん」の基本形で、いつも優しく「わたし」を助けてくれる。「出汁がなくたって、味噌汁ぐらいつくれるだろ?」と、まるでお兄ちゃんが妹を可愛がるかのようなセリフに、ついつい甘えてしまう「わたし」。

「俺に任せとけって」と見せたのは、ケチャップ。意外にもケチャップには鰹節と同じ旨み成分が入っているんだとか。つくり方は簡単で、鍋にケチャップを入れて弱火で温めながら酸味を飛ばしたら水を入れる。煮立ってきたら具と味噌を入れるだけだ。

「白ウラーザくん」が出来上がった味噌汁を味見すると、「はい、どうぞ」と同じ小皿を「わたし」に差し出す。まさかの間接キスに舞い上がる「わたし」は、幸せそうに目を閉じてそれを味わう。そしてそのまま得意の妄想がスタート!

隣にいたのは、想像の中だけで登場する強引でちょっと俺様な「黒ウラーザくん」だった。そして、これまで想いを寄せてきた「わたし」の願いが叶ったのか、「黒ウラーザくん」から衝撃の一言が。「これから俺のために毎朝味噌汁つくってよ。でさ、毎朝2人で飲も」とプロポーズを匂わせるセリフに、「昭和か!」とツッコミながらも大興奮。これには「財木ウラーザに一生味噌汁つくりたいw」「ドキドキが止まらない」「ずっと眺めてたい」などと妄想が止まらなくなる女子が続出した。

今回で全6話が公開された『私の守護神ウラーザくん2』は、「ウラーザくん」が毎回いいところで姿を消してしまう「キュン止め」で見事に女子の心を掴んだ。翻弄されまくりの「わたし」が、いつか「ウラーザくん」を射止めることはできるのか。シーズン3に期待したい。

【文:牛窪 梨花】
この記事を共有する