読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

福原遥主演『アンラッキーガール!』就職面接会場を間違える不運「樹(高梨臨)さん、間に合えー!」第3話

2021.10.22

福原遥主演『アンラッキーガール!』就職面接会場を間違える不運「樹(高梨臨)さん、間に合えー!」第3話
©ytv
福原遥が主演を務める連続ドラマ『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第3話が10月21日に放送された。金運を筆頭にあらゆる運がゼロな幸(福原遥)、男運ゼロな香(若月佑美)、仕事運ゼロの樹(高梨臨)が幸運をつかみとるために奮闘するオリジナルストーリー。さらに、味のあるシュールなナレーションをバカリズムが務めている。Twitterでは、「笑えないぐらい不運なのにめっちゃ面白いな」「畳み掛ける不運w」「樹さん、(面接に)間に合えー!」という視聴者からの声が集まった。

幸は、火事があったくじ売り場の被害総額200万円を弁償するため副業を探し始めるが、なかなか見つからない。ある日、樹と香が行きつけの喫茶店「蓮」を訪れると、幸が働いていた。幸は副業の面接に落ちまくり、結局「蓮」でアルバイトを始めたのだ。

一方、樹は幸の父・重流(丸山智己)に新しい仕事先を紹介されていた。これに対し、謎の男・指宿(生瀬勝久)が樹の仕事運を占うと……“人生の落とし穴”を暗示する不吉な結果が!? それでも樹は重流の紹介してくれた会社に就職する話を進めようとする。しかし、採用がすぐに決まるわけではなく、何度か面接を受けなければいけないことが判明。しかも、面接官として現れたのは、香と別れたばかりのダメ男・卓海(板垣瑞生)だと分かり、樹は驚く。さらには、面接開始6分前になって面接会場を間違えてしまったことに気づき、ますますパニックに。

散々な面接でフラフラになった樹は、香のマンションへ立ち寄る。そして、面接会場で卓海に助けてもらったことを明かし、香に「彼のこと、いろいろ言ってごめん」とこれまで卓海をけなしていたことを謝った。

Twitterでは、「幸ちゃん、職場が燃えて200万円弁償とか悲惨すぎない!?」「笑えないぐらい不運なのにめっちゃ面白いな」「期待を裏切らないアンラッキーぶり」「畳み掛ける不運w」「卓海くん、ちゃんと仕事してるじゃん!」「今日も香さんは素敵でした」「樹さん、間に合えー!」「樹ちゃんフォーチュンクッキー作れるなんて凄い!」「樹さんいい奥さんになりそう」「家電のイケザワしつこいw」「『生きやすいように生きて何が悪いんだ』って指宿さんの言葉が刺さった」などといったコメントが多数寄せられた。

今回も幸は不運続きで工事現場へ落ち、面接にもすべて落ちてしまう。樹に至っては、高層ビルの階段を全力疾走するハメになり、さらには、かつて交際してた重流と不倫関係だったことも知ってしまった。ラストでは謎の男・指宿が「2021/12/8 大凶日」という文字を書き残し……。底なしにアンラッキーな3人は次回どうなってしまうのか?

【文:齋藤めぐみ】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ