読売テレビがお届けする、テレビを楽しむ読み物メディア

コナンと小五郎の探偵親子タッグが大活躍!?『名探偵コナン』

2018.04.30

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の4月28日放送回「真犯人の叫び声」では、私立探偵・毛利小五郎とその家に居候している江戸川コナンの仲良く歩く様子に「知らないで見たらどう見ても親子」「いい親子してるのが、ほほえましい」との声があがった。

ある女性が友人のマンションを訪ねると、部屋の中から窓ガラスが割れる音と叫び声が聞こえてくる。女性は部屋に入り、リビングに倒れた友人を発見。胸から血を流し、床には血の付いたナイフが落ちていた。友人は「早く逃げて」と言って絶命。その時ベランダからガシャーンと物音が聞こえ、女性は恐怖を感じて部屋の外に飛び出す。女性はマンション前を通りかかったコナンと小五郎に事情を説明。コナンたちは部屋に向かうが、すでに遺体は消えていて、現場には男の足跡が残っていた……というストーリー。

女性に出会う前、コナンと小五郎は二人ともポケットに手を突っ込み、同じ格好で並んで歩いていた。その姿はまるで、一緒に過ごしてきたことで仕草が似てしまった親子のようだ。

これを観た視聴者はTwitter上で「小五郎のおっちゃんとコナンくんの絶妙な親子感好き!」「親子みたいな会話してる~」「コナンと小五郎のタッグ!」と2人の様子にほのぼのしていたようだ。

さらに今回は、コナンと小五郎が何かと協力して推理を展開していたため「コナンと小五郎のおっちゃん、仲良く推理してるね」「コナン君、小五郎に直接いろいろ教えてるw」「ここ最近コナンが悩んでると、小五郎が『どうした?』って聞くようになったよね」と、ファンは2人の関係がとても近くなっていることを感じているようだ。

5月5日放送の「密室の謎解きショウ」には、“眠りの小五郎”が登場。ところが、それがあだとなる事件が発生しそうだ。これは見逃せない。

【文:山田 奈央】
この記事を共有する