読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

『半妖の夜叉姫』第40話は、ついに殺生丸ファミリー集結! しかし、まだまだ受難は続く…!

2022.01.27

『半妖の夜叉姫』第40話は、ついに殺生丸ファミリー集結! しかし、まだまだ受難は続く…!
©ytv
テレビアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜夕方5時30分~※一部地域を除く)の1月22日の放送は、第40話「三姫の脱出」。

前回に引き続き、黒真珠の中に封じ込められたままのとわ、せつな、もろは、犬夜叉、かごめ。
犬夜叉がひらめいた脱出方法を試すべく、一行は、かつて鉄砕牙が納められていた台座がある犬の大将のお墓(骨の腹部)へ向かう。
犬夜叉が提案するのは、この場に天生牙を呼び寄せて、この世とあの世の境の門のある牛頭馬頭のところへ持っていくという方法だった。呼び寄せる役目は、かつて天生牙を使ったことがあるとわが果たすことになる。
とわが強く心の中で念じると、天生牙が彼女たちの前に出現。一行はそれを持って牛頭馬頭がいる門へ。無事に門は開き、とわと犬夜叉たちはやっとこの世へと戻ることができたのだった。
だが、とわとせつなは父・殺生丸の身に何か異変が起きていることを感じ取る。脱出を喜ぶ間もなく、二人の娘は父の元へと急ぐ!

狐妖術で大活躍の七宝や、新しい武器の存在を語る珊瑚、随所でほっこりとしたやり取りを見せてくれる犬夜叉ファミリー、瀕死の殺生丸を気遣うりん&邪見…。今エピソードも見どころが満載だったが、なかでも、物語前半で特に目を引いたのが、三姫のチームワークだろう。

あの世とこの世の境に現れた天生牙は、台座に固く突き刺さり、とわ一人の力では、全妖力をもってしてもビクともしなかった。だが、苦心するとわに、せつなともろはが力を貸す。三人が心を一つに重ねたことで、見事に天生牙を引き抜くことができた。
これまで数々の困難に共に立ち向かってきたとわ、せつな、もろは。三人が一緒に過ごしてきた時間と、その中で芽生えた絆の強さを感じさせるような展開だった。
SNSでは、「とわ、せつな、もろはが仲間として行動するのがすごく感慨深い」「最初からは考えられないくらいの絆だよね」「三人の関係性、尊い」といった声が。
また、娘や姪が支え合い活躍する様子をうれしそうに眺める犬夜叉&かごめの眼差しも印象的だった。

そして、物語後半にも大きな山場が到来! 天生牙に導かれて時代樹に駆け付けたとわ&せつなが、是露の呪いから解放されたりんとついに再会を果たしたのだ!
長い間離れ離れになっていた母子。本来であれば、涙と笑顔に満ちた感動の再会となっていたはずなのだが、父・殺生丸が瀕死の重傷を負う現在、彼女たちには感傷に浸っている時間はなかった。
殺生丸を救うためには、彼の身体を蝕む麒麟丸の妖気を取り除かなければならない。
とわは吸妖魂で妖気を吸収。なんとかすべて取り除くことに成功するが、なんと、今度はとわが倒れてしまった!
衝撃の展開のままに幕を閉じた今エピソード。SNS上では、「殺生丸さまもとわもどうなっちゃうの⁉」「せっかく家族揃ったのに、この展開はあまりにも辛すぎるよ~(涙)」「この親子はローテーションで倒れないといけないのか⁉」と悲嘆にくれるファンの姿が多く見られた。
ようやく親子が一緒になれた犬夜叉ファミリーに対し、まだまだ受難が耐えない殺生丸ファミリー。彼らの安息の時は、いったいいつ訪れるのだろうか…?

とわと殺生丸の安否を案じつつ、第41話を待とう!


次回は、読売テレビ・日本テレビ系にて
1月29日土曜夕方5時30分から、
第41話「阿久留のかざぐるま」が放送!
※一部地域を除く


倒れたとわのもとに時の精霊・阿久留がやって来る。果たして、この童の目的は…?
そして、令和の時代に迫る妖霊星や、麒麟丸の右腕だったという希林理先生の動向など、現代の世界を取り巻く状況も気になるところ。
次週も見逃せない展開が続きそうだ。


原作/高橋留美子「犬夜叉」(小学館 少年サンデーコミックス 刊)
Ⓒ高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

【文・後藤 悠里奈】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ