読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

さや香・新山をギャフンといわす!新・ダブルボケ漫才のダブルヒガシが『ytv漫才新人賞』決定戦進出

2022.02.05

さや香・新山をギャフンといわす!新・ダブルボケ漫才のダブルヒガシが『ytv漫才新人賞』決定戦進出
©ytv
読売テレビが主催する『第11回ytv漫才新人賞 ROUND3』が関西地区で放送された。芸歴10年以内の若手芸人が参加できるこの賞レースは年3回の予選が行われ、それぞれ全12組のうち上位2組が決勝に進出できるというシステム。(今回の審査員はオール巨人(オール阪神・巨人)、お~い!久馬(ザ・プラン9)、哲夫(笑い飯)、大村朋宏(トータルテンボス)の4人で、1人100点満点、計400点の中で順位を競う。)最終的に計6組のコンビが、今年3月の優勝決定戦で11代目の王者を争う。過去の優勝者には銀シャリ、藤崎マーケット、霜降り明星といった実力派が揃い、優勝賞金は100万円。読売テレビでの冠特番の権利も手にすることができるとあって、大阪の若手芸人の一つの大きな目標となっている。ROUND1では、さや香、カベポスター、ROUND2では、丸亀じゃんご、たくろうが決勝進出を決めており、今回のROUND3ではフースーヤが1位、ダブルヒガシが2位で決定戦進出を決めた。今回は将棋の“感想戦”さながらに、勝利直後の2組にロングインタビューを敢行。ネタが生まれたきっかけ、漫才中の心境、今後の野望などあけすけに語ってもらった。番組を見逃した方や、関西地区以外の方のお笑いファンもご安心を。この選考会の模様は読売テレビ公式無料動画配信サービス「ytv MyDo!」、民放公式テレビポータル「TVer」、無料動画サービス「GYAO!」で配信する。まだ漫才を見ていない、という方は、是非とも、そちらで彼らの雄姿をご覧頂いた後に読んでいただきたい。それでは、2位通過・ダブルヒガシの『漫才感想戦』をどうぞ。

―― おつかれさまでした。20世紀と同点の2位でしたが、高得点を付けた審査員の数で2位通過となりました。お気持ちはいかがですか?

東良介:危な過ぎます(笑)。前回のROUND2は3位で、今回もまた3位になってたかもと思うとゾッとしますね。行けてよかったです。また3位やったら、家に帰った後どうなってたか分からないですね。

大東翔生:暴れてた?

東:暴れてた可能性あるぐらい、また3位か…ってなるところやったので。だから倍でうれしいですね。

大東:確かに。同点やった20世紀さんのネタの設定が僕らと同じ美容室やったんですよ。なので俺も家でどうなったか分からんね。

東:お前も暴れた?

大東:うん。

東:お前ネタがかぶったからって暴れるの? なんなん、それ!?

大東:家が危なかった。壁壊したかも。

東:ネタかぶっただけで暴れへんやろ(笑)

大東:でも俺はもう3位でもなくて、5位か6位かなと思ってた。ROUND2の時は1位か2位ちゃうかと予想してたら3位になってあかんかったから。やっぱり前回と比べるじゃないですか、自分らの中で。前回ほどは…って感じやったので。

東:今回は特に出番が2番手やったというのもあったので、難しいかなとは思ってたんですけど。

―― 2番手だったので、大半の出演者がダブルヒガシさんの後でネタをされたわけですが、どんな心境でご覧になっていたんですか?

東:まあ正直すべってくれぇとは思いながらね…。

大東:すべってくれぇ? そんなん思いながら見てんの!?

東:できることならすべってくれぇって。

大東:イヤなヤツ、こいつ。

東:記事ではもっとポップに書いてくださいね(笑)

大東:文字が一番ムズいわ(笑)

東:「すべってくれぇ」って最後右上がりの矢印で、ポップなニュアンスですよ。「すべってくれ!! 頼むわ!!(恐喝風)」じゃなくて。

大東:無理やろ、文字では!

東:無理ですか? まあまあ、ほんまはそんな風に思ってないですよ(笑)
©ytv

大東翔生(左)と東良介(右)
―― この1年でダブルボケという形がすごくハマっているような気がします。ダブルボケのスタイルは最近始めた感じですか?

大東:昨年頭とかなので、1年くらいです。

―― モデルチェンジのきっかけみたいなのは何かあったんですか?

大東:ほんまのこと言うと、こいつがボケ気質で俺がツッコミ気質の可能性があるなと思ったんですよ。

東:ネタでは僕がツッコミで相方がボケをやってたんですけど。

大東:たまたまなりゆきでそうしてたけど、逆やなって。もしかしたらこのままやと、完全に気質が合ってるコンビに勝たれへんかもと思ったんです。なのでいろいろ変えてみようかっていうことで、俺ら高校の同級生なんでふざけたネタもやってみようっていうのがきっかけですね。

―― 確かに、お互いがボケた後、ツッコミもできますもんね。

大東:みなさんにどう映ってる分からないですけど、ツッコまないようにもしてるというか。作り的には。

東:「なんでやねん!」とか「なんやねん!」とか極力言わんようにしてます。

大東:じゃないと、やっぱり笑い飯さんとかぶるのが一番恐いじゃないですか。恐れ多いですけど。そこからどうやって離すかを意識してネタを作ってます。まあ、きっかけとしてはそうですね。くすぶっていたのでどうしていいかわからんから、いろいろやってみよか。それでやったら、「ええやん」という。

―― 『歌ネタ王決定戦』は準優勝で、『ABCお笑いグランプリ』にも決勝戦に出られて、今回も決定戦進出ということで、手ごたえは感じられてますよね?

東:変えてからこれだけ結果が出てるので、すごいなと思いますね。

大東:『歌ネタ王~』は完全にイレギュラーやん(笑)

東:『歌ネタ王~』はまあそうですね。出てみようかって出たらああいう結果になりました。
©ytv

―― 今回は最終切符という形でしたが、『ytv漫才新人賞決定戦』に出場する他の5組の中でライバル視しているコンビはいますか?

東:ライバルというよりか、ほんまにめっちゃ仲いい人ばかりなんですよ。さや香さんには2人ともかわいがってもらってて、特に僕は石井さん、相方は新山さんに。さや香、コウテイと3組で月に1回「NEO OSAKA」っていうユニットライブも3年ほどやってますし。カベポスターは同期で、丸亀じゃんごとたくろうとは同じユニットライブもやってました。フースーヤはめっちゃ仲いい後輩です。なんなんですかね? 自分ら的には珍しい大会ですね。『歌ネタ王~』や『ABC~』の時は知らない先輩やテレビでよく見てたような先輩の中だったのが、今回めっちゃ近所の人たちが多い。誰とかじゃなく全員に負けたくないですね。タイトルを聞いただけでどんなネタをするの分かるような近すぎる仲なので。それが逆に楽しみですね。

大東:俺はあんまり相手をライバルとか思うタイプじゃないんですけど、強いて言うならさや香さんですかね。新山さんにかわいがってもらってるんですが、その理由が、俺らって今まで結果出てなかったんで、新山さんにずっとおちょくられてきたんです。なめられてきたというか。

東:さや香さんは早くから結果出してるからね。『M-1グランプリ』にも出てはるし。

大東:そうそうそう。僕は飲み屋とかでずっと新山さんにボロカス言われてたんです。「だからあかんねん、お前ら」とかって結構言われてきたんで。ここで1回まくって、1日だけ無視とかしたろっかなって思います(笑)

東:(爆笑)。勝ったらな! 負けたらまた言われるリスクはあるで。

大東:今まで相当言われてきてるので、「あのネタあかんで」って。そんなん言うてくんなや! …って、冗談ですけどね。でもそこはギャフンと言わせたいという思いはあります。同期や後輩にはあまり何も思わないですけど。

―― 結構、新山さんに対しては本心ですよね(笑)

大東:そらそうですよ。何回我慢したか…。

東:ここ、文字はポップにしといてくださいね(笑

大東:色ペンとかにしといてほしいです(笑)

―― 2人ともさや香さんと仲がいいんですね。


東:僕が石井さんで、大東が新山さんで、多分一番かわいがってもらってると思います。

大東:でも石井さんはお前にネタのことなんも言うてけえへんよな。

東:石井さんは絶対言わへん。

大東:こっちはエグイからな…。例えば、「どのネタで選考会に出たんや?」「このネタでやりました」「あのネタあかんで」とかって。

東:俺らのこと思って言ってくれてんのかな。

大東:思ってたとしてもムカつくけどな!

東:(笑)。でもそういえば、今回やったネタは新山さんがめっちゃ褒めてくれてたで。

大東:確かにそれはそう! 「この美容室のネタはええんちゃう?」って言ってくれた。

東:実は『歌ネタ王~』の時も、新山さんにちょっとアドバイスをもらってやったんですよ。

大東:結構中に入ってもらって、いろいろ相談して…。

東:そしたら準優勝まで行ったんですよ。…あいつすごいぞ、ほんま。

大東:すごいかもな。

東:だから我慢せなあかんけど。

大東:めっちゃ我慢してるけどさ。でも、奥さんが実家帰った時とか急に、「1人になって寂しいから寝させて」って俺んち来て。「寒い…」って言いながらYogiboの上で寝て。意味わからんやろ。

東:かわいいところあるやん(笑)

―― じゃあ、決定戦のネタも相談して…。

東:でも、決定戦の時は分からんで。かましてくる可能性ある。全然おもんないのに「それおもろいな!」って言ってきたり…。

大東:そうやな(笑)

東:決定戦は自分らのこと信じよう(笑)
©ytv

―― では、決定戦に向けて意気込みをお願いします。

大東:僕はほんまに今回の2位通過は棚からぼた餅やなって思ってるくらい、あんまり実感ないんです。逆に『ABC~』の時は、これは予選通ったやろって思って決勝に行ったんでその分ガチガチでしたけど。今回はもしかしたちょっとラクにできるかなというのはあります。本番は分からないですけど、あんまり気負わんようにとは思ってます。

東:僕は意気込みっていうか…思ったんですけど、ROUND3で通過するのが1番いいなって。なぜならROUND1に出て負けて、ただギャラは入る。もしくはROUND2で負けても、ギャラが入る。それからROUND3のギャラも入る。

大東:お前、恥ずかしくない!?

東:ROUND1で勝ってたら、2と3のギャラが入らへん。

大東:だからお前、恥ずかしくない!? すごいな(笑)

東:これ一番お得やなって(笑)。もちろんROUND3で通過するリスクは高いですよ。出られへんかったらもう今年度終わりですから。ここで出られたのは最高! でかいよ~! ROUND1・2・3 のギャラも入りますから。

大東:読売テレビさんの賞レースで家計簿みたいなことすんなよ!

東:これで優勝したらまた入りますからね。

大東:お前そんなん言うたら、また来年出たらええんちゃうん?

東:1回負けとく!?

大東:ええわけないやん!

東:最後は“10年目で優勝”が一番いいやん。リスク高いけどな。

大東:お得感のリスクやばいって! なんなん、こいつ…。

東:まあまあ、今回で優勝はさせてもらいますけどね!

大東:そうやな!

東:とにかく一番お得な出方してるなとは思ってます。

大東:…これって意気込み?

東:意気込み(笑)
©ytv

この記事を共有する

連載記事

人気タグ