読売テレビがお届けするテレビのウラガワ

沙帆(瀧本美織)の衝撃的な“裏の顔”に「怖すぎ」「次はどんな罠を?」と反響多数!『Sister』第3話

2022.11.04

沙帆(瀧本美織)の衝撃的な“裏の顔”に「怖すぎ」「次はどんな罠を?」と反響多数!『Sister』第3話
©ytv
山本舞香・瀧本美織W主演の連続ドラマ『Sister』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第3話が11月3日に放送された。姉の婚約者を巡って衝撃的な愛憎劇が繰り広げられる“秘密”と“裏切り”のラブサスペンス。視聴者からは、「姉ちゃんがどんどん狂っていく~」「過去が徐々に明らかになってきて、4人の今後がますます気になるー!」「次はどんな罠を仕掛けてくるのかドキドキ」といった反響が寄せられた。

姉の沙帆(瀧本美織)は、昊汰(佐藤大樹)と共謀し「記憶障害」になったフリをして婚約者・陽佑(溝端淳平)の心を繋ぎとめようとしていた。一方、妹の凪沙(山本舞香)は、沙帆のクローゼットから日記を発見する。そこには『憎い。凪沙さえいなければ』という言葉が……!

今回反響が大きかったのは、沙帆の優しい姉の「仮面」が次々に剥がれ落ちていき、妹を憎む狂気の姿がむき出しになるシーンだ。どちらも同じ瀧本美織とは思えないほど、別人級の演技だった。

Twitterでは、「沙帆さん怖すぎ」「瀧本美織ちゃんの怪演ぶり恐ろしい…」「瀧本美織、新境地だね」「姉ちゃんがどんどん狂っていく~」「日記見るように仕向けたのも姉か!?」「姉妹で寝てたベットで婚約者と姉が寝るって…無理」「凪沙ちゃんの気持ちを考えると、ずっと苦しかった」「昊汰くんも捨て駒で終わりたくないよね」「陽佑くんが凪沙のもとへ走って行くところ泣いた」「一体、6年前に何があったの!?」「きっとお姉ちゃんにも壊れた理由あるはず…」「過去が徐々に明らかになってきて、4人の今後がますます気になるー!」といった声が上がった。

また、「1週間待てないです!」「次はどんな罠を仕掛けてくるのかドキドキ」「続きが気になり過ぎる!」「お姉ちゃん、今までも十分すぎるくらい狂ってるのに、ここから更に狂気覚醒とか怖すぎる…」と次の放送を待ち望む声も多く寄せられている。

次回はさらにすごいキャストたちの「怪演」が見られるとのことで、期待が膨らむ。果たして、本当の気持ちに気付いた凪沙と陽佑はどうなってしまうのか!?

【文:齋藤めぐみ】
この記事を共有する

連載記事

人気タグ